プロフィール
mia55
mia55
旅行誌や情報誌の広告制作・ライター、元バリスタで旅人。 好きなことを追求し続けたらこうなりました。 今現在も新たな分野を開拓中! 4年以上の女ひとり世界放浪の末辿り着いた、愛しのシドニーよりお届けします。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
シドニー旅行ならAAOトラベルへ!
シドニー旅行はAAOトラベル!

にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ 人気ブログランキングへ

2017年08月23日

店主のこだわりをカタチにしたカフェオープン!

“元同僚が次々と自身のカフェをオープン!”

本当に、

あの古巣のカフェから、
これほどに独立を果たすとは!

はい、別のメンバーも、しかもチームを組んでオープン!

その名も、

“AGAINST THE GRIND”


インドネシア人とイタリア人の2人。

どちらも持ち前の陽気なキャラクターと、
確実な腕前で愛されるバリスタたち。

一緒に働くと、

お客さんも巻き込んでいつも和気藹々、

小さな店舗はいつも笑い声に溢れ、
どれだけ忙しくてもお互いを労ることを
忘れない彼らに何度も助けられたicon14

そんな2人がタッグを組んで、
ノースの入り口、ニュートラルベイに
7月末、満を持してオープン!

迎えてくれた、

彼らの理想が全てカタチになったその空間は、
オープン後まだ1週間だというのに、
もう常連らしきお客さん達で賑わってました。

コーヒーはCampos/カンポス

私たちが当時から淹れていた馴染みのロースターから。

頼んだのはマグサイズのフラットホワイトと、
もちろん楽しみにしていたブランチicon28food25

・・・が!

この日お目当てのメニューはなくface10

代わりに彼らのおすすめで、
自分で好きなものを選んで組み合わせる
スタイルのブレックファストをオーダー。

ささ、

まずは、


「WE MISS You MIA!!」

こんな愛あるアートのコーヒーがサーブされた後は、


おすすめの選べるブレッキーicon28

パンの種類と具材を選びます。

私はパンはイタリアンスタッフDにお任せ、
確か・・・Linseedの入ったやつ、でした。w

そして私は、

プロシュート、トマト、
アボカドに卵を添えて。


バケットにはオリーブオイルが垂らされて、
そこはかとなく、イタリアーンなお味。ヴォーノfeel03

そして、

何に感激したって、

どの野菜も素材も瑞々しい!
さすが自家菜園から採れた野菜たち。

「mia、僕たちほんとうに細部にまで手を掛けてるんだよ。
こだわりが全て詰った、大満足の仕事なんだ。」

口にするものばかりじゃない、

ロゴのデザインからカップやカードなど、
専属デザイナーが手掛けるグッズまで。

オーナー2人の理想やこだわりが随所に光る、カフェ空間。
(ちなみに確か、もう1人の共同経営者がいるそうでした)

少し話したらまた、

別の友人が訪れたりして、
オープンしたてで忙しそうicon10

あの戦場のようなカフェで出会った仲間が、
こうして今も繋がってビジネスパートナーになっている。
2年前にはとても想像ができなかったけれど・・・。

それだけでもきっと、

あの場所で頑張った甲斐があったということだろうね!


オーナーのDとM (気になる方は直接訪れてね)

ノースにお住まいの方、

親日家なスタッフがお待ちしていますよ!

特に、インドネシアンスタッフMに絡んであげてください。w
私が教えた変な日本語まだきっと覚えているはずでーすface29icon12  


2017年08月19日

ビザに翻弄される人々。

別の場所で書いた記事で、
少し反応があったので、
こちらでも共有させてくださいfeel12

nature06nature06nature06

先日、

最近知り合った人が、

ビザの延長が拒否されて、
敢え無く28日の猶予を残し、
日本への帰国が決まりました。

その人は学生ビザでなんと、

5年以上もオーストラリアにいたそうで、
その先にどういう希望を抱いていたかは
その人にしかわからないけれど、

結局、

そういう人々の何割かがそうであるように、
現地人と結婚したり、ビザのスポンサーがついたり、
そのどれにも引っ掛かることなく、道が閉ざされた。

酷な言い方に聞こえるかもだけれど、
その人は、この国と縁がなかったんだと思う。

そしてどこかで、

自分では切れなかったこのループから開放されて、
その人は恐らく安堵感を感じているんじゃないかと、

私はそんな風に感じました・・・。

オーストラリアは確かに、

常に世界で住み易い国のトップクラス。
移住を目指す人が後を立たない・・・。

かくゆう私も、そのひとりでした。

だからその気持ちは、
わからないでもない。

でも、

私はありがたいことに、
本当ツイてたんだと思うicon12

お金も時間もそんなに掛からず、
本当にスムーズに行きましたから。

ただ元恋人との関係をこじらせているうちに、
それを何展もしているうちに、取れたface30

今思うとそのことの方がよっぽど心に堪えた・・・icon15。w

エニウェイ、

私の周りにも実際にいましたよ、
ある友人はまさにそんな感じで、
ワーホリから学生に延長して2-3年。

彼女はジャパレスと学校(テスト)の
両立が本当に毎日大変そうでした・・・。

彼女はめでたくオージーに、
見初められて結婚、今はすっかり
幸せな生活をしているようですicon22

でも、

やはり私にはできないだろうな。w

まず・・・、

私はもう・・・、

学校に通いたくないものface03!w

でも彼女だけでなく、

本当にたくさんの人が、
長く留まるという目的のために、
高い学費を払っています。


そしてさして興味もないのに、
ビザのためにビジネスやアカウント、
などの勉強をしているよう。

でも最近また、

スポンサービザの法律が改定されました、そして
永住権に有利な職種もまた変更されたようです。

こういうビザに関する条件や諸々、
オーストラリアは本当にすぐ変わります。

移民局、容赦ありませんicon05

今まで、

スポンサービザを取れた人、
永住権まで取れた人、
パートナービザを取れた人、
帰国を余儀なくされた人・・・、

世界トップクラスで暮らしやすい国に住む
という目的のためにビザに翻弄される人々。

私がたまたま取れたから
言うわけじゃないですが、

“ビザを取る”ことを目的にすると、
取れた後、道を見失いがちですicon10

ワーホリの数年くらいなら問題ないし、
例えば結婚して相手がこっちの人なら、
求められ、ここにいる理由があります。

でも、

そうじゃない場合、

もしくはそうだったけれど、
私みたいに事実婚の相手と
別れてしまった場合・・・。

はて、何のために私はここにいるんだっけ、となり。w

さらに永住権は、

持っていたら持っていたで、
次は手放せずに翻弄されることも、
実はあったりするんですよ…。

そういう意味では、私もビザという存在のために
翻弄されたひとり、と認めざるを得ないけれど。w

取れる取れないに関わらず
もっと大切なのは、
今ここでできる最大限を、

味わい尽くし、楽しみ切る、ことicon14

じゃないかなーと、私は最近思う。

だって、

もったいないですもんね、
自分次第だけではないことに、
執着し、振り回される時間も。

できることを楽しみながら夢中でするうち、

気が付けば、取れたicon12

それくらいの軽やかさが、
何ともかっこいいではないですかface16

でも、

考えましたよ、当時、私なりに。

とても学校へ行くお金も気持ちも持ち合わせていなかった私。

元恋人と別れて何をするか、どこに行くか。
候補は、メキシコかバンコク…でしたface29。w

メキシコで旅行会社で
働きつつスペ語をものにする、

もしくは、

バンコクで日系フリーペーパーの
編集のお仕事でキャリアを積む。

うん、我ながらどちらも楽しそうだなicon14

でもま、

私はもう少しこの、

縁があり快く迎え入れてくれたオーストラリアという国で、
これからは何かのカタチで、恩返しをしていきたいなー。

そして、いつか縁が終わるときは、
潔く手放そうと思えるくらいには、
これからの日々も仕事も味わい尽くそう、と。

そんな風に思っていまーすfeel12  


2017年08月17日

いつまでもID提示を求められる日本人。

つい先ほど、

近所のリカーストアで、
懲りずにIDを求められた
ア、アラフォーです・・・face19

そのお店は巨大スーパーに、
巨大なお酒コーナーがある、
個人的にお気に入りのショップicon06

つまり、

何度か足を運んでいることは、間違いないface03

なのに、

また、ID提示を求められました。
ザ・日本人あるあるfeel09

ちなみに、そのショップで3度目。w

でも、

今日みたいにIDを持っており、

さらに爽やかイケメン
(キミ、若く見えるね)「IDは?」
と聞かれる分には気分もいいがfeel03

※ちなみに(カッコ)部分は妄想w

本当にIDを持っておらず、
どうしても今、酒をくれーfood42
というような気分の日には、

おぬし、正気かface30

と、少し腹立たしさが露になりつつ、
「私3●だよ、勘弁してーface06」と、
さらに情に訴えて売ってもらうことも。w

ま、

そんなこんなでも、結局嬉しいことですよ。w
日本人(アジア人)って、ほんとーに、得ですicon22

というわけで、

私は本日もカバンに
IDを忍ばせて歩きますitem50


思わず目が輝く豊富なラインナップface05icon12  


2017年08月14日

潮風の届く街に住む、贅沢。

先週は、

それはもう怒涛のように
日々が過ぎていきました。

日中の仕事は佳境を向かえ、
緊急案件のライター業務も何本も抱え、
社交的なイベントも相次いだり・・・。

絶え間なく続く緊張感と、
ストレスが畳み掛けてくる、恐怖face30

はい、そんな一見大変そうな、私の暮らしですが。w

私は何とか日々生きておりますicon22。w

この暮らしがいつまでも続くわけじゃないと、
わかっているからこそ、というのもあるけれど。

この息詰まった日々に風穴を開け、
心や緊張を解し調整できる、
そういう術をいくつか用意している、

からかもしれません…face29

そんな中金曜日には、

シドニーの東の岬、
ワトソンズベイにお出掛け。

Watsons Bay Boutique Hotel


まずは私の希望でチップスとビールfood42

そう、その息抜きの術 / 方法。

ひとつは間違いなく、
自然を感じること。

私の暮らしの場合、それは海の存在に触れること。

この日向かったのは、
大好きなワトソンズベイの一軒。

冬だというのに比較的暖かな夜、
ヒーターの近くの外の席をゲット。

もうね、

この席に座った瞬間から、

ザーザーッ、

聴こえてくるさざ波の音。
静けさの中深く響く・・・。

そして何より、

鼻先をくすぐるのは、
塩分と夜の湿度の重みを
たっぷり含んでいる、潮風。

都市の中心で仕事をした、
同じ日の数十分後には、
こんな潮風香るビーチで、

ビールで乾杯ができる、暮らしビールfood42

そんな潮風の中で呼吸をするたびに、
一週間分の蓄積された緊張感も、
ゆるゆると解けていくのを感じます
icon12

調整・開放・リセット。

ただ、幸せな時間。

どれほど大変でも、
一日の疲れや辛さは、
その日のうちに解消できる、
そういう暮らしだからこそ、

まだもう少し、踏ん張れそう!

と心から想えますicon14

ちなみにこの週末は海辺の街を
満喫できるプラン目白押しで、

連続して、

ROSE BAY / ローズベイ
BONDI BEACH / ボンダイビーチ


でも、

気の置けない友人との
キャッチアップディナーを。

幸せだなーと、
思わず声に出てしまう、
それはきっと、

潮風の届く街に住むという、
長年の夢を今生きているからかも
しれませんねーface05icon12  


2017年08月12日

セカンドハンドで服を買うコツ♪

日本では(というか今までの私は)、

古着・セカンドハンドって、

何となく個性派なお洒落さんが、
私のような一般庶民には思いつかないような、
奇抜なファッションの一部として活用している・・・、

というイメージface19

・・・が、

シドニーでの私の家族のような存在の、
洗練されたお洒落が似合う友人。

彼女に教えてもらってから、
私の中でそのイメージが、

ガラリ!


変わりましたicon12

シドニーに限らずだと思いますが、
寄付で成り立っているセカンドハンドは、
私のような古着素人でも使えます!

おすすめは、

VINNIES
街にひとつはある青い看板が目印で、
入りやすい雰囲気の明るい店内。

RED CROSS SHOP
レッドクロスは日本でもお馴染み。

そして、

Salvation Army
世界中で知られているイギリス発祥の
慈善団体の活動の一環のショップ。

オーストラリアはいわずもがな、
物価が高いです・・・mark02

服に関してはもちろん、

安くでカジュアルな服は買えますが、
ちょっと良い場所に着ていくような、
品質の良いものは結構なお値段・・・face08

そこで、

そのお洒落友人が教えてくれたのが、
こういうセカンドハンドショップなのでした。

ちなみに彼女はお金持ち。w

根っから、生粋のイースタンサバーブ育ち。
※イースタンサバーブとは日本の芦屋のようなイメージ。

ですが彼女の手に掛かれば、

古着でも一流ブランドものでも、
ときには遊び心で4ドルくらいで
Kマートで買えるネクレスをつけていても、

とーってもファッショナブルに決まるicon12。サスガ!

本当にお洒落やスタイリングが大好きみたいfeel03

で、

彼女曰く、

ポイントは、

お洒落な人やお金持ちが住むエリア
の、セカンドハンドショップを選んで足を運ぶことfeel12

店員さんはブランドに疎い場合もあり、
そういう時は高級ブランドが驚くほどの
安値で売られていたりするそう・・・!w

そして、

品揃えは数日で変わったりするので、
一週間に一度くらいの頻度
ぶらっと立ち寄ってみると時々、

とんでもない掘り出し物に出逢えるそう。

私は彼女ほどブランドを知らないので、
たまに彼女と一緒にショッピングに行くと、
知らない一流ブランドを手頃に買えたりね。w

日本のブランドものが欲しければ、
ノース(ニュートラルベイやモスマン)などに、
足を運んでみるといいかもしれませんfeel12

普段はスーパーカジュアルな私ですが、

長持ちしそうな、高品質アイテムも、
混ぜながらファッションを楽しんでみようかなっicon14


奇抜なシャツなどももちろん売られています・・・w


靴もこんなに!ただ、靴と水着系は多少躊躇icon10

ちなみに今狙っているのは、
近所のRed Cross Shopにある、
バッグです!かなり可愛いfeel04

週末だしね、ぷらっと
ウィンドウショッピングがてら
行ってみたくなりました。

皆さん、良い週末をーfeel16  


2017年08月06日

シドニーの通勤バスの怪 !?

私は通勤に、ときどきバスを利用していますbusiness07

オーストラリアのバスは、

手を上げないと止まってくれない、
バス停の名前もアナウンスもないから、
初めての地で降りるときは一苦労。

などは良く知られていますが、
ほかにもいくつか興味深い、

シドニーの通勤バスあるあるをicon23

※人から聞いたものも含む

①よく遅れる

②ゆえに一向にバスが来ないと思ったら、
 次の瞬間数珠繋ぎのように連なって来る

③バスが混んでいると人が待っていても通過

④ドライバーさんが割と自由


⑤ドライバーさんが好きな曲を掛ける





こないだは、

朝の通勤ラッシュ時とはいえ、
2台連結の巨大バスが、
10人くらい待っているバス停を、
しれーーーっと通過。w

その直後に止まってくれた、
バスの運転手がめちゃイケメンという、
飴とムチな朝の時間とかface05

別の日は、

バスに乗った瞬間に聞こえてきた、
なんともこそばゆい馴染みのあるリズム。

J、JPOPか!?

いや、

ジャ、ジャニーズかface19!?

私も最近のはよく知りませんが、
きっと嵐とかその前後のグループの
アルバムだと思われるものが、

かなりお洒落な人の多い界隈を走る
路線のバスで掛かっておりましたfeel01。w

ドライバーは、おっちゃんでした。

でも日本人か日本文化が好きな、
別のアジアのおっちゃんかは、
初見ではわかりかねるのでした。w

他にも、

ドライバーが途中でコーヒー買いに止まった、
なんていう話も聞いたことがありますfeel15

私はもっぱら電車が好きですが、

たまに乗るとこういう人間味のある、
バスというのも魅力的なものですねfeel11  


Posted by mia55 at 09:50Comments(0)シドニーの日々。

2017年08月02日

元同僚が次々と自身のカフェをオープン!

“元同僚が色々すごい!”
の記事の続きです。

当時私が働いていたそのカフェは、

軽やかだけど強めの苦味とかすかな酸味が特徴の、
Campos / カンポスの豆を扱う、
その界隈ではほとんど唯一の店でした。

小さな小さなそのカフェは、
いつも人気で行列を作る人が絶えず、
へとへとになりながら働いていた私。w

だけど、

私が何より合わなかったのは、そのボスface30

彼がねー、

あまりにもあんぽんたんで、
人を機械のように扱い、
無茶難題を吹っかけて、

連勤が10日以上続き、
次のロスター(シフト)にも私の休みが
見当たらなかったとき、

そんな中ひとり優雅に旅行に行っていたとき、

そして、

あれほど外から見れば優れて、
地元の人に愛されるカフェでさえ、
中を見ればこんなもんかと、思った。


正直、失望して私は退職しました。

そんなボスの店にも関わらず
そのカフェが素晴らしかったのは、

チームが素晴らしかったからicon12

特筆すべきは、

ヘッドバリスタ、タイ人のS。

彼女の手さばき、笑顔、記憶力、
全ての能力がずば抜けていました。

どれほど混んでも笑顔を絶やさないゆとり、
目は確実に次々とやって来るゲストを見やり、瞬時に、
記憶しているその人のドリンクをプロセスに組み込む。

彼女の手先から注がれるコーヒーは、
1mmの狂いもなく美しく、美味しいfeel03


私がどれほど彼女を尊敬し、
彼女に励まされていたか、
きっと彼女は知らないだろうけど・・・face05

因みに、

ロースター「CAMPOS」が行うトレーニングで、
全土の中でトップスコアを取得し続けたこともある、
リアルに、トップクラス級のバリスタなんですface19icon12

そんな彼女Sが、
私が日本に帰っている間、
彼女のパートナーと2人、

自らのカフェをオープン!

“Jozo by Sven_San”


本日のスペシャルはミートボールでしたface05


トレーラースタイルのカフェ

こちらのお店、
コーヒーは言わずもがな、

ホームメイドマフィンや、
サンドイッチ系も充実していますが、

料理もね、

スカンジナビアン系のレストランが
併設されていて料理はそこから出されるので、
かなりしっかり丁寧なお味の料理が出てくる。

この日のスペシャルも、
ミートボールのジューシーさ、
絡めるソースの絶妙な味付け、
フレッシュな野菜のガニッシュ、

どれをとっても◎!w

17ドルくらいだったかな、
コスパの高い一品でした。

半分くらい野外になっているので、
(外にはストーブ完備ですよ!)
ぜひ晴れた日のブランチにどうぞ。

オックスフォードストリートにあり、
週末にはパディントンマーケットの前後に
ふらっと寄るのもおすすめですfeel12

私があのカフェで見切りを付けて退職した後、当時の
チームメンバーがこんなにパワーアップしていたなんてface05

でもでも、

この古巣のチームのパワーは、
それだけじゃなかったんですねー!w

では、また続くicon23
  


2017年07月29日

【Washoku Lovers】キリビリでマーケットデビュー!

去る、22th / Jul (Sat)。

初めて訪れたのはノースの入り口にある、
Kirribiri(キリビリ) マーケット

訪れた理由はただひとつ、

【Washoku Lovers/和食ラバーズ】

が初出店するという知らせを聞きつけたからなのですface05

共通の友人を通して最近知り合った女性が、
和食(=日本の食文化)
オーストラリア人にもっと知ってもらいたい!

という想いではじめた、

オーストラリア人を対象にした、
日本食分化(=和食)を広める、
コミュニティなのです。


活動は多岐に渡り、

主な媒体としてのメディア運営のほか、
クッキングクラスやマーケット運営など。

今やコミュニティの無料会員は15000人を超えたそう!
日本食好きのオージーに教えてあげて、特定のお店で特典が受けられますよface29

ひとりでも多くのオーストラリア人の口に、
和食を届けるために活動されています。

その主催の女性の名前は、ゆりさんpeople04

見ているだけでハッピーになる、
そんな笑顔をいつも気前良く振りまいていますfeel03

栄養士や国際利き酒師の
資格や知識をいかんなく発揮し、
オーストラリアの地で夢を叶えるべく、
日々頑張っている素敵な女性icon12

そんな彼女率いる【Washoku Lovers】の、
記念すべきマーケットデビュー!

私ももちろんお邪魔してきましたっfeel12


シドニーの象徴、ハーバーブリッジの袂が舞台


ブースの前で笑顔で迎えてくれるゆりさん

コミュニティカラーだという真っ赤なテントは、
マーケット内のフードエリアでもとても目立って、
すぐに見つけることができましたよfeel12

到着したのは12:30過ぎ、
ランチの時間真っ只中ということもあり、
もうそれはすごい賑わいでした!

メニューは、

日本式の焼き餃子と、
オーガニック豆腐のおからサラダ、
オーガニック豆腐の特製ドレッシングと味噌汁


どれにしようあれにしようと、
一緒に訪れた友人とわいわい選ぶ、
その過程も楽しいひとときface02


迷ってほぼ全て網羅しましたーface30feel03

豆腐にドレッシング掛けたものは
「Organic TOFU CUP」$5として販売され、
ドレッシングは5種から選べ、トッピングは選び放題だそう!

迷った挙句、友人はポン酢ドレッシング、私はブラックぺッパー味噌を。

ポン酢の方はお馴染み素材の、
さっぱりポン酢にレモンの酸味が
やさしく溶け合ったマイルド感。

味噌の方もお馴染みの素材だけど、
こちらは全く新しい新鮮な味わいがあった!
ブラックペッパーと組み合わせたことでパンチが効いて、
オージー受けもいいんじゃなでしょうか。

おからサラダにいたっては、

あまり得意意識はなかったのですが、
味付けがしっかり丁寧にしてあったのもあると思うし、
大人になったからか身に染みて美味しかった。w

友人と2人、

「おからが、おからが旨い・・・」と食べ続けましたface06

餃子はもう、間違いないですからねface04

初出展とは思えない大盛況具合!

初めてみる食材に戸惑うオージーにも、
キラキラ笑顔で説明・対応するゆりさん、

大忙しの中、私たちの相手もしてくれてありがとうね!

彼女は後で、

「オーストラリア人に日本食について直に説明して、
食べてもらって、気に入ってお金をいただいて手渡す。

そのことに素直に喜びを感じました、感無量だったicon06。」


と当日のことを、話してくれましたfeel12

※こちら本人のブログもぜひ→★

ゆりさんをはじめ、他の出展スタッフもそうそうたるメンバー、
彼らの食への情熱と愛情が、たっぷり詰まったメニューは全て、完売icon22

ご馳走様でしたっicon12

もちろん、またお邪魔したいので、
ぜひ次回を期待していまーすicon14。  


Posted by mia55 at 10:24Comments(0)イベント情報

2017年07月24日

本好きにはたまらない集い。

去る某・TGI Fridayicon12

吟味して選んだ赤ワインボトルと、
お気に入りの本を2冊携えて、
仕事後に嬉々として向かったのは、

シドニー在住日本人の心の拠りどころ、

ほんだらけさんfeel20

この日は私がかねてから楽しみにしていた、
ビブリオ読書会が行われる日だったのです。

ひとり1冊、

そのときの勝負本を用意し、
5分という制限時間の中で
プレゼンをし合う会、だとか。

以前は、

その中で一番秀逸な一冊を決める、

という趣旨が盛り込まれており、
ビブリオバトルという
タイトルだったらしいのですが、

もっとゆるーりと楽しいことが一番、
プレゼンだと緊張もするし、ということで、
今のカタチに落ち着いた、と聞きましたfeel12

私もプレゼンとか制限時間5分とか聞いて、
最初は変な汗が出そうでしたが、
実際はもうぜーんぜんリラックスした雰囲気!w

店主のTomingoさんを筆頭に、
今回は7名の本好きさんが集合ーpeople13people09

そして、

各おの持ち寄ったドリンクで、
乾杯をしてからプレゼンスタート!

私は赤ワインにぴったりの、
しっとり読める小説をピック。

主人公のキャラクターから、
ストーリー全体のトーン、そこから得たメッセージなど、
ネタばれしないように大まかにお伝え。

5分丸まる使えるかわからなかったので、
念のためと持参したもう一冊も軽く紹介でき、
なんとなくいい感じにできたかなーとface06

自己申請ですが・・・icon23。w

自分が普段読まない系統の本や、
漫画を選ばれた方も2名ほど。

それぞれのフィルターを通して見た本の世界・・・。
非常に興味深く聞き入ってしまいましたー!



ひとりずつプレゼンが終わると、
ここからお愉しみ第2段・・・!

おつまみターイム!

とはいえ私は仕事終わりだったのもあり、
リアルにつまみのスナックだけでしたが・・・。

ある方々が、

かなり本格的なお料理を、
風呂敷に包まれた重箱に詰めて、
持ってこられたことに・・・感動feel03

なかには見た目に美しい、
炊き込みご飯やら自家製漬物、
そして野菜の煮物などが
face05

ほかにもスイーツやら抹茶パンなどのデザート系まで。

これらをつまみつつ、
ボトルが1本、また1本と・・・、
気前良く開けられる宵。

なんて、至福な・・・、

本好きワイン好きには本当たまらない集い、なのでしたfood03

毎月開催されているようですし、

告知は直前になることもあるそうなので、
気になる方は“ほんだらけ”までお問い合わせをfeel12  


Posted by mia55 at 20:02Comments(2)イベント情報

2017年07月21日

海に浮かぶノースのカフェ。

ひとつ前の記事(→★)の続きです。


その、私の愛したマリーナのカフェは、
一旦立ち退きを余儀なくされました・・・。

・・・が!

やはりボスのカフェへの情熱や愛の灯が、
小さくても消えることはなかったんですね。


あの日から数年たった今、

今日ご紹介するノースの一軒を中心に動かしながら、
会員メンバーのみが入れるヨットクラブなどでも
最近オープンし始めたみたいですicon19

その素敵なノースのカフェは、

こちら。

“The Flying Bear Cafe“

GOOD FOOD GUIDEに紹介されていましたfeel12
http://www.goodfood.com.au/eat-out/news/just-open-the-flying-bear-kirribilli-20151119-gkmt2s

「Milsons Point」が最寄り駅。

前方に海が見える美しい坂道を
下りきったところにある、カフェ。





まるで海の上に浮いているみたい・・・。

潮風に吹かれながら、
コーヒーやブランチが楽しめます。

フレンドリーかつプロフェッショナルな
スタッフの対応は接していて清々しい!


豆はVittoriaなので飲みやすいマイルドさです。
腕は一流バリスタが入れるので、間違いなし!

ここで過ごす時間は味の云々以上に、
その景色含めwholeパッケージで最高icon12!w

本当は・・・秘密にしたいくらい、
穴場かつお気に入りの一軒ですfeel15food25feel03。  


2017年07月19日

元同僚が色々すごい!

2年越しにシドニーに戻ると、

カフェの元同僚たちが、
さまざまな展開をしていたので、
ビックリしてしまう・・・。

と、同時に、

いやー、当時からすごいとは思っていたけれど、

それほどのポテンシャルのある同僚たちと
働けていたことが、まるで夢のようだと思うicon12

シドニーでは3つのカフェを経験したけれど、

一番愛していたカフェは、
海辺のマリーナにあったicon19


雨が降ると店閉めなきゃいけないとか、
潮が満ちるときは足元水浸しだし、
波が荒くなれば、塩水が顔にかかる・・・。

そんな自然環境と隣合わせだった、カフェ。
天気が悪いときは店の開閉店をひとりでした。w

特に快晴の日働いていると、一日に一度は最低言われる、

「こんな美しい場所で働けるなんて、ラッキーだね!」

そして、

我がもの顔で働く私、よく「ここ君の店?」と聞かれたっけface04。w

そんな想い入れのあるカフェ、

実は突然の立ち退きで閉店icon15


しかも、

その日知らずに職場に行った、
困惑したまま一日営業し、
その日の夜に、撤去したあの日。

今では笑えても、あの時は悪夢みたいだった・・・face08

そのカフェオーナーがね、

何と次々と新店舗を展開しています!

それも!そのほとんどが、同じマリーナにicon19

シドニーに戻ってきてすぐ、
今でも同じ同僚が働いているので、
サプライズで突然行って来ましたーicon22



カフェについての紹介は、また次回icon12
  


Posted by mia55 at 21:24Comments(0)シドニーで働く。

2017年07月17日

翁さん自ら腕を振るう「煮干中華そば」を食べに!

私が日本に戻っている間、

こちらの記事の、
http://sydneydiary.go-jin.com/e57978.html

“翁さんラーメン”が、
以前“麺一究”のあった場所に、
移転オープンしていましたicon12

こちらです↓
https://www.facebook.com/osanramensydney/

看板に「元祖・久留米豚骨ラーメン」を引っ提げ、
こだわりが感じられる一杯がずらり目白押し!

実は、

本日17日(月)。

翁さん自らが腕を振るってくれる15食限定、
永福町大勝軒風「煮干中華そば」
食べたくて仕事終わりに駆けつけました・・・、

が!

やはり、

完売・・・face10

残念っicon10

というわけで代わりに、
「博多白鶏らーめん」を。



んーfeel03

濃厚でありつつ上品なフレーバーのスープ、
固めの麺と一緒にいただきますfood35

そして追加($1.5)の煮玉子を潰して、
スープに絡めていただく至福の瞬間・・・icon06

やはり、美味しいな、翁さん。

初めてオープンしたときよりもさらに
味付けが洗練されているのを感じます。

ちなみにこの「煮干中華そば」は、
今週末の22日・23日(土・日曜)も実施。:

私もリベンジ、しようかしらーface05

そうそう、

この翁さんラーメンの2号店として、
キングスクロスに“Wok Noodle and Bar”も。
こちらは大きな暖簾が目印のお店。

特にこの寒いシドニーの街で夜、
のれんと湯気の立つラーメン屋を見ると、
つい足が止まってしまうのは、

日本人の性なのでしょうか・・・。w

ちなみにこちらもいつも人で賑わってます!

今週末、

予定にまだゆとりのあるラーメンラバーさんはぜひ、
「煮干中華そば」にチャレンジしてみてはいかがでしょうfeel12  


Posted by mia55 at 19:19Comments(0)シドニーの外食。

2017年07月16日

突然の再会がもたらしたこと。

シドニーは最近、快晴icon01
心地良い気候が続いています。

ただ、

寒さに耐久のないオーストラリアの建物。
恐ろしく建て付けが悪く底冷えするシドニーの冬は、
ともすると日本の寒さよりも、堪えますface08

それはさておき、

本日は土曜日!

・・・、

と、ここまで書いて。

何気なく開いてしまったFB(フェイスブック)。

そこに、

カルフォルニアに住んでいるはずの、
友人が何とシドニーのQBVの写真をup!

face19???

となって、思わず「Wow」のスタンプを。

すると、

数分後に彼からパーソナルメッセージが入り、
「え、え!? まさか今シドニーにいる?なら会おうよ!」

私もしばらく日本にいたし、
FBも前ほど活用していないし、
私の中で彼という人は、

遠方に住む以前の旅仲間、

という位置付けだったから、
おそらく彼にとってもそうだったから、
お互いの最近をフォローし合ってなかった。w

でもやはり、

タイミングが全て、

会うべく人には会うしかないように、
全ての流れはそこへ向けて繋がる。


私の「Wow」スタンプから、数時間後には、
私たちはあるタイ料理屋さんで食事をしていたicon28

実際この週末は、
私も予定が詰まっていたし、
彼だって短い出張中という、

いくらでも言い訳のできる状況だったにも関わらず・・・!

NYで出会い、京都、ケアンズで再会。
そして今回のシドニーで3度目の再会。

約15年を跨ぐ、友人。

その間に彼はグリーンカードが当たって、
アメリカで働き結婚し、2児の父になり、
今や立ち上げて間もないがCEOになってた。

私は天職と繋がるような仕事に出会い、
世界一周をし、5年の事実婚関係の後、
ひとりで愛するシドニーへと移り住んだ。

15年の歳月の重み・・・たるや!

でも今回の再会は、

これらを確かめ合い、遠い目をして
過去をほじくり回しただけじゃない。

とても大切な気付きをもらうことになるのです。

この友人、

IT関係の仕事として、
アメリカではなんとFB(フェイスブック)
の会社で働いていました。

ほらあの、

Timeline(タイムライン)に流れてくる、
外国語のトピックに「See translation」
て、あるじゃないですか。

あれ、

「あれを付けたのも、
僕の仕事のひとつだよ。」


だってfeel20

何だか彼がそんなに、
世界のテクノロジーの最先端
活躍していたこともすごいし、

なのに、

その翻訳機能に納得がいかず、
その意図まで組み込んだ心の籠った翻訳を、
どんな媒体のものをも訳せるサービスを。

そういう想いで、

新しい会社を立ち上げたなんて、
私はただただもう崇拝するしかなく。w

正直私ね、

ハイテクノロジーが何ぼのもんや(お世話になってるのに!)、

あまりに全てが筒抜けで垂れ流しみたいな暮らしは、
いかがなもんや、ってアンチテクノロジーなところが、あったface03

でも彼と話しているうち、

私が今どれほどそういう考えによって、
自分を閉ざし、可能性を狭めているか。


そして、

今私たちが生きている世界は、
瞬間瞬間ものすごいスピードで
前へ流れ進んでいるのだ、ということ。


それらが、スットーーーーンと、身に落ちたのでしたicon05

「オープンマインド」を自称する私の、
見えないくせにそそり立つ高さの壁に
私自身が驚愕としたし同時に、

テクノロジーだけではなく、
自分が苦手だと感じていた、
他の分野のことでさえも、

そうは言ってられない現実を、

彼が決して私に教えてやろうという態度でなく、
とても自然な口調で、あの旅時代を共にした、
同世代の友人として話してくれたことで、

スッと染み入るように自分の中に入ってきたのでした。

別に彼が言っていたことを、
私が全て実行しないといけない、
とかそういう極論ではもちろん、ない。

でもあまりに自分が閉ざしていた部分や、
いらないものの切り捨て方をもう一度見直してみよう、

そして何より、

苦手と思っていたことも、
自分の頑固なフィルター通さずに、

まっさらな気持ちで向かってみよう。

そして、

そんな時代の変化の波を自分という盾で
堰き止めるのではなく、軽く流されてみよう。

と、心から思えたのでした。

そして、私たちがいかにすごい時代を生きているか…ということも!

こんな風に感じていただなんて、
彼はきっと知る由もないかもしれない。

ただ美味しいタイ料理をつつき、
カリフォルニアではめったにないという、
美味しいコーヒーを飲みながら、

ゲラゲラ笑い合っていた、
それだけのワンシーンが、

これほど私に意味をもたらしただなんて・・・ねface16!w

そんな突破口をくれた、彼に感謝。

「いつか日本語バージョンの翻訳をする際には、
miaもしっかり、リストに入ってるよ、宜しくね。」

なんて嬉しい言葉を残し、
多忙な彼は、家族に会いに、
次の目的地へと去っていきました。

そんな素敵な土曜のランチ、なのでした。

タイ料理はいつもの選択肢
これはまた別の日の、タイ料理。

  


2017年07月13日

行きつけのカフェを持つ。

シドニーライダーたるもの、

行きつけのカフェの、
ひとつやふたつ、
きっと持ってると思うfood25

コーヒーなしにはとても
一日を始められない体の私も、

例外に漏れず、

行きつけの一軒が、ありますface05

正直を言うとその店は、

特に特筆すべきことはない、
中堅どころのチェーン店。w

元バリスタ、コーヒーラバーを自称する私が、

胸張って紹介できるような、
レベルの高いカフェ・・・じゃないface30。w

ただ、

2ヶ月前、

シドニーに戻ってきて、

ギリギリの経済状況の中で、
仕事や家探しに明け暮れていたとき。

テイクアウト用の小さなその店で、
1杯のフラットホワイトを買って
その前の席で飲むのが、

唯一の息抜きであり、楽しみだった。

本当にもう、

残り数百ドルという、
生活がどこまで持つか、
というときでさえも、

そのフラットホワイト代は私の中で、
必要経費代として、処理された。


そのカフェは、

恐らくフランチャイズの家族経営の店で、
ご両親と娘さん、そしてたまに
別の女性がヘルプに来ているみたい。

詳しくは聞いていないけど、

でもその店ね、

どれだけ空いていても、
ショットとミルクの担当は、別。
それぞれの役割分担を忠実に、
1杯のコーヒーを淹れてくれる。

その微笑ましい姿に、毎朝癒されている。
そして、いつも変わらずくれる笑顔にも。

コーヒーの良し悪しを言い出したら、
このシドニーのカフェ文化の中、きりがない。
しかも私だって、元バリスタだもの。w

でも、

行きつけになる理由って、
きっとそれだけじゃない。

本当は、

朝からイケメンの淹れる
コーヒー飲みたいから、
そんなカフェを見つけようfeel03

とか思わないでもないけども!w

でも、

求職中から働き始めた今も、
変わらずに通ってしまう・・・。

そんな私の行きつけの、一軒。

今ではもう、

顔を見ると注文しなくても
お決まりの1杯が出てくるし、

スタンプカードは2ヵ月も経たないのに、
2枚目に突入しているし・・・。

恐らくこれからも、ずっと・・・。

皆さんも、

行きつけの一軒が、ありますか?


写真は別のカフェです  


2017年07月09日

日本でのワーホリを終えて・・・!

ご無沙汰しています!

miaです。

あまりにご無沙汰過ぎて、
シドニーのリアルタイム情報日記が、
忘れ去られていないことを願いますface21

この空白の数年間、

実は私、







へ、帰国しておりました。

題して、

日本へのワーホリ!

言ってみたかっただけですface16w

実際には、

永住者としての異国での暮らしに、
色々と思うところがあって、

本当にやりたいことの
ベースを日本で作るため
数年間帰国していたのでした。

そして、

当初の目標も達成できたので、
もう一度シドニーで根を張るために
2ヶ月程前に、戻って参りましたbusiness06

今回からの暮らしでは、
仕事も暮らしもプライベートも、
全てにおいて心機一転!


バリスタが生業、パーティー三昧、


だった頃とは180度違う
生活を歩み始めていますfeel11

皆さんにもよりリアルな
シドニー暮らしのTipを、
お届けできると思いますので、

これからもどうぞ、宜しくお願いしますーicon14

シドニーを上空から


  


2015年07月17日

オーストラリア×木の切っても切れない関係。

ケアンズに3年住んでいたときは、

それはもう身近に自然も多いし、
木だってそこらじゅうにあって、
花が一年中咲き乱れてた・・・。

そして、

シドニーに移り、
そりゃあ都会でしょう、
自然なんて・・・、

と思っていましたが!

いやそれでもやっぱり、オーストラリア!

CBDのど真ん中にも大きな海辺に面した公園があり、
どのサバーブにも日向ぼっこをしたりピクニックができる、
緑豊かな公園があるという快適な環境!

お花も、

ボタニカルガーデン(王立植物園)だけでなく、
街の中でもしっかり咲き乱れ
季節の息吹を感じることができますnature16

春の初めには大好きなプルメリア
そして桜の代わりにこちらでは、
ジャカランダというヴィヴィッド紫の花が
そこらじゅうに咲き誇ります!!!

さらにハイビスカスや赤い花(これも良く見るけど名前が・・・)も。

オーストラリア一・二を争う都市なのに、
これほどに花が咲き誇ることに感動したものです。

そして、

嬉しいのが、木!

それもね、大木が結構生えてるんですよ!

私は夜などに遊びに行って帰り歩いて帰ってると、
その大木を見ると家に近づいてるな、と認知し(w)、
その大木を数えて、家を見つける・・・ということも。w

※身の安全のため、歩いて帰るのは人といるときです、さすがに。w

例えば、

うちの家の近くの木は、これ!


巨木!

これ、樹齢何歳くらいなのだろうか・・・。

何だか、

木に触れると大地からの
エネルギーが伝わってくる気がして、

日々の仕事に疲れたときとかに、
そっと触れてエネルギーチャージ
している私は・・・かなり変でしょうかface06。w

ケアンズとシドニーの木もまた違うし、
でもやっぱり自然のものが生活の中にあると、
気持ちにどこかゆとりが生まれません?

やっぱりそれがあるから、
オージーの「ノーウォーリーズマイッicon23
精神が育まれるかも・・・ですねface02。w  


2015年06月27日

バリスタによるバリスタのためのカフェ♪

つまり、

一年違いのシドニーベストバリスタが組んでオープンした、
バリスタが通いたくなるようなこちらの、一軒food01

Artificer Specialty
Coffee Bar & Roastery

ベストバリスタとは、
大手新聞社Sydney Morning helard誌が
選んだその年最高のパフォーマンスをした
バリスタに与える、称号。

2012年、

日本人バリスタの
佐々昌二さん
そのトップにーicon12icon14

彼とその翌年に同じくベストバリスタに
選ばれた、ダン・イーさんの2人が、
タッグを組んで満を持してサリーヒルズに、

オープン!

ずっと気になっていたので、
先日カフェ好きの友人と共に
行ってまいりましたーfeel12

入り口を外から見ると
何人もの人がコーヒーを持って、
集っていたのですぐわかりましたfeel09



店内はスッキリした印象で、
無駄なものが何ひとつない!

カウンターとその周りに数席、
店内外の壁に沿って木製の
ベンチがある程度なのだけど、

たくさん入る太陽光がまた気持ち良い、
居心地の良い空間なのですよicon25

コーヒーにとにかく特化していて、
フードメニューはなし

エスプレッソ、コールドブリュー、
フィルターの3種のみというシンプルさ。
生豆を仕入れて焙煎まで手掛けるので、

バリスタから真のコーヒーマニアが集うという。w

もちろん、ラテアートは必須要素!?


このアートはまぁ・・・期待よりは普通でしたが。w

お味の方はでももちろん、美味しかったicon12

熱過ぎずヌル過ぎない適温のミルクとか、
しっかり濃く深みのあるお豆の味とか、feel11

注目の2トップバリスタは、
言葉少ないものの、
一杯いっぱいに取り組む
姿勢は誠実そうで、

プロの職人さんだなぁと、関心してしまいますicon12

何よりまだ新しいカフェなのに、
もうすっかり人が店内外に溢れて
地元の人に愛される存在なのが
よーくわかりましたよ!

シドニーのこういう地元に根付いた
カフェカルチャーが大好きですicon06

いやー、足を運ぶ価値はありました!  


2015年06月13日

オーストラリアらしい出産プレゼント♪

最近、

お友達の嬉しいニュースラッシュ!

たまたま、

仲良くしていたグループ内の
旧友の2人が同時におめでたfeel03icon14

親友同士の彼女たちに、
何かオーストラリアらしいものを、

とお店で見つけたこちら・・・、



コアラのぬいぐるみ・・・

??

いえ、

こちらぬいぐるみ型、オルゴール!?feel01

本体から出ている紐をひっぱると、
音楽が鳴るという、ほのぼのしたおもちゃfeel04

オーストラリアといえば!!のコアラなのがいいでしょうface16

しかもバッテリーいらずなのも安全で長持ちするのがfeel11

そのうちのひとりの旧友は、
フランスに嫁いだので、
そう簡単には会えないけれど、

南米を一緒に旅したり、
数年前にはフランスで
彼女を訪ねたりもしました。

彼女の始めてのBabyは
男の子だったので、
数点の服も一緒に送りましたicon30



先日産まれたのですが、
その写真の端に写りこんでいた、
このコアラのぬいぐるみicon12

その旧友から「産まれたときから聞いているから、
この曲を流すとおとなしくなるんだよねー。」と!

もうひとりの旧友もとーっても喜んでくれたので、
あげた甲斐もありましたね、こっちも嬉しいicon14

他にも、

コアラモチーフにしたグッズも
細々と色々売っていたので、

日本などに住むお友達へのプレゼントだと、
喜ばれるのではないでしょうかicon12。  


2015年06月10日

シドニーで祝ってもらう誕生日とは♪

去る5月某日。

私の誕生日でしたicon12!!

大人になってからの誕生日は、
基本働いていましたし、
シドニーではまだ日本ほどの交友関係も
築けていなかったので、

それほど期待していなかったのですが、

シドニーでの家族とも呼べる仲間が、
パーティーを計画してくれましたよfeel01

「誰を呼びたい?」と聞いてくれたのですが、
私の希望で結局、一番親しい人のみでface05

ブルックとその義姉であるクレア。

この2人なくして、

今の私のシドニーライフはない、
そう言い切っても過言ではない存在。

シドニーに引っ越して来た頃からのお付き合いface02

まずはブルックのおうちで、
スパークリングワインで、

乾杯ーfood43



そして、

「これはプレゼントicon27
と開けてみると、

ジャーーーーン!!



私たちの思い出の瞬間を切り取った写真を、
素敵な真っ白なフォトフレームに入れたものをicon06

そしていつも書き物ばかりしている私を見て、
「これでたっくさん書けるわねface29!」と、

可愛い文具を売る店、
タイポにて分厚いノートを。

さらにカードやアクセサリーまでicon14

私が感激していると、

彼女たちがご飯に出掛けようと言うので、出てみると・・・、

シドニーでも有数の高級住宅地にある、
会員のみが入れるロイヤルクラブへicon12


だから今回は「お洒落なワンピースを着て来てね。」と、
予めドレスコードが決められてあったのね、と納得!w

さすが会員費が年●十万円というだけあり、
館内は高級感が漂う雰囲気・・・face30

そう、ブルックは生粋のシドニーイースタンガール

ヴォークルーズ、ローズベイやダブルベイを包括する、
シドニー切っての高級住宅街で生まれ育ったのだ。

彼女のおかげで私は、
シドニーのお金持ちの日常を
垣間見るという、

貴重な経験も時々させてもらっている。w

そこでクレアという地に足着いた、
義姉がいてくれるおかげで、
話がまとまるという・・・。w

さてさて、

ロイヤルクラブのレストランでは、
高級層のお年寄りシニアに混ざって、
美味しいメインをそれぞれとサラダをシェア、

そしてワインをボトルでfood43

美味しいご飯とお酒、
楽しいおしゃべりと
気の置けない友人達icon06

彼女たちのおかげで、
私はまた新しい一年の始まりを、
上機嫌でスタートさせることが
できたのでしたーicon12icon14  


Posted by mia55 at 15:27Comments(0)シドニーの日々。

2015年05月22日

在シドニー日本人の評判高い、コスパ抜群のここ!

いつも、本当の穴場レストランは、
現地を知り尽くした人からの口コミで知る。

その一軒は、

ROSAN/廬山

味と値段とサービスなど全てにおいてここは、
コストパフォーマンスが抜群!

マディグラで有名なパディントン界隈ですが、
少し道を入った辺りなのも、穴場感があってfeel11

決して大きくない店内で、

壁にはその日のお勧めなどが、
黒板にチョークで書かれていたりして、
日本っぽい居酒屋の雰囲気を盛り上げます。

ささ、

何を頼んでも美味しいと評判の一軒だけど、
行く前にメニューをブログとかサイト見て、
勉強していったからねー(* ̄Oノ ̄*)feel12

まずは乾杯ねーfood42


あっさりたこポン酢

歯ごたえがあるのに、
サクッと噛めるたこで、
最初のビールを勧めます。

そして、


モツ煮込み

私、自分で頼むモツ系って恐らく、初。w

こ、この一品が・・・、

絶品feel02

モツ独特の風味とコクが、
ぎゅうっと濃厚に染み込んだ甘めのスープに、
コリコリのモツがふんだんに!

特にこれからの寒い夜には
ピーッタリの一品。

元気がる味feel14!!!

そして、

これがあったらやはり頼むでしょう!w


つくね

甘めで優しい味。

何だか、懐かしい・・・face05

そしてそして、


小エビのかき揚げ

とびこが散りばめられて、
見た目にまずうわーってなる!

そしてもちろん、さくさくで美味feel03
ボリュームもケチケチしてなくて適量feel11!。

そして〆はもちろんの・・・、


棒しめ鯖寿司

この青身魚の美味しさがわかるって、
私もそうだったけど大人の醍醐味な気が・・・feel04

炙って出してくれるので、
ほんわり温かくて美味!

うまいうまいて言いながら、
一緒に行った友人と頂ました。

さて。

別の日にも同じようなラインナップで、

さらに、

本日のお勧めをスタッフのお姉さんに聞いて、
煽りイカの刺身を頂きましたが、絶品!!

こちらでの定番!?の廬山ダックや、
ズッキーニフラワーの天ぷらも、美味。

さらにはこちら、


カレイの唐揚げ・・・だったかなw

プレゼンテーションに負けないくらい、
お味の方も、抜群の美味しさでした。

はー・・・、

お腹も心も満たされました。
ご馳走様でしたー!!


ネパールの大震災。
募金リンクを貼らせてもらいますね。

ネパール大地震への募金にご協力お願いします  


Posted by mia55 at 10:06Comments(0)シドニーの外食。