プロフィール
mia55
mia55
旅行誌や情報誌の広告制作・ライター、元バリスタで旅人。 好きなことを追求し続けたらこうなりました。 今現在も新たな分野を開拓中! 4年以上の女ひとり世界放浪の末辿り着いた、愛しのシドニーよりお届けします。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
シドニー旅行ならAAOトラベルへ!
シドニー旅行はAAOトラベル!

にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ 人気ブログランキングへ

2017年10月16日

世界に日本のお米を発信ー【事後報告】!

【World Rice Festival】

直前にさらっと告知させてもらった通り、
去る10月7日・8日(土・日)に、

世界のお米エキスポで日本米をPRしてきました!

シドニーでは初開催だという記念すべきイベントに、
チームWasholu Loversマーケット部門で、参加!

Washokulovewrsの告知ページはこちら↓。
Sydney World Rice Festival

日本のメデイアへの告知プレスも書きました↓。
【シドニー初開催】日本の米文化をオーストラリアで発信!


私たちのテーマは、

日本人とお米。

この究極にシンプルで変哲もない言葉の中に、
お米の尊さ、神聖さ、日本人の精神、経済や歴史の基盤。
日本人とお米。に関わるすべての意味を込めました。

《メニュー》

焼おにぎり(醤油 / 味噌)
和牛肉巻きおにぎり
プレミアム手まり寿司

炭火で焼き上げる焼おにぎりは、試作を重ね、
味噌もシェフが5種類をブレンドしたオリジナル。

肉巻きおにぎりの肉は、和牛!
こちらにオリジナルすき焼きのタレを
たっぷり絡めて仕上げます。

プレミアム手まり寿司は、デモンストレーション用。
黒トリュフ醤油やキャビア、金のイクラなど高級食材を使い、
折り紙アーテイストによるみどりさんに特注で作ってもらいました。

このイベントは私にとっても、
チャンレンジに次ぐチャレンジ!W

あきたこまちの輸入会社さん、
醤油のキッコーマンさん、
おーいお茶の伊藤園さん、

最後にはイベントのオーガナイザーにまで、
食材を協賛してもらう(プレゼント)ほどの、
敏腕営業のWashoku Lovers代表ゆりちゃん、

大阪の吉兆で5年修行を積み、
その後ロックスの某老舗日本料理店で、
約10年の経験を積むヘッドシェフのたくみさん、

この2人には到底かなわないものの、

私は人生で初めての英語!でのMCにチャレンジしたり、
人生で初めての人材採用に関わったり・・・、

結果、素晴らしい2人と出逢えましたface05

告知ページの書道の文字、棚田の美しい写真は
2人に書いて/取り寄せてもらったんですよfeel12

焼おにぎり、というシンプルなメニュー。

美味しいことは、美味しい。
でもこれ、売れるのか・・・。
外国人受けするのか・・・。

私たちは何度も自問してきました。

そこで和牛なら間違いないだろう、と肉巻きを追加。
正直、私たちも最初から確信はなかったのです。

・・・が!

蓋を開けてみると、

売れる売れる!w
笑えるほどに売れる!

私たちのブースの周りだけ、
常に人だかりがface19!オイツカナイ

ありがたく、嬉しい悲鳴!


さらに嬉しいことに何度もブースに戻ってくれる、
リピーターさんもかなり多かったという事実。

結果、1日目だけで2/3のお米を使い切る、という快挙icon14

どうりで忙しいわけだface30。w

で、2日目。

売るものがなくなることを心配してもらい、
オーガナイザーからなんと、
あきたこまち20kgのプレゼントがface05!!

これには皆大感激icon12

この大盛況なブース、

なんと裏では4つの家庭用炊飯器を
順に炊き続けるという地味な作業の繰り返しで。w
途中で米待ち状態に陥るもなんとか、

なんとか・・・!

2日目の夕方、

70kg分の米を炊き終わりましたーfeel14

思わず拍手喝采ですicon14。w
感動がブース内を駆け抜けました。

もちろん。

こんな大きいイベント3人だけでできるはずもなく。

このイベントのために採用したアルバイト2名。
笑顔でブースに立つ彼女たちに何度助けられたことか!

そして、

押しかけボランティアと称して参加の某ホテルのコンシェルジュ。w
思わずガッツリお手伝いしてもらっていました・・・face29

さらにSさんやMr.G、ホリデーで遊びにきていたはずの、
たくみさんの元後輩にもお握りを握ってもらい・・・。w

どの1人が欠けても完成しなかった、
この時間に感謝でいっぱいですfeel03

ゼロから作りあげたこと、
たくさん助け合ったこと、
たくさん助けてもらったこと、

日本のお米を世界中の人と共有できたこと、

やり切ったことicon12


まだまだ書きたいことや感情が、
すくい切れないくらい溢れてくる。
そんな濃厚な2日間でした。

何よりも、

この機会を与えてもらえたことに、感謝しかないicon12

チームよ、ありがとうfeel16


主役の「焼きおにぎり」は炭で炙って香ばしく


ふっくら粒の立った「あきたこまち」


ここから怒涛の2日間がはじまる・・・icon16


10数年ぶりのMCは英語でチャレンジ!フードデモも楽しんだー


「プレミアム手まり寿司」専用の特注おりがみBOX  


Posted by mia55 at 18:51Comments(0)イベント情報

2017年10月02日

今週末はダーリングハーバーで世界の米祭り♪

来る、

10月7・8日(土・日)は、
ダーリングハーバーで、

「World Rice Festival」が開催されます!

しかも本拠地がメルボルンのこのイベント、
初めてシドニーで開催されるそうです。

そんな記念すべき機会に私たち、

【Washoku Lovers】のマーケット部門も、
なんとパートナー出店をいたしますicon12

《ここからその全貌が覗けます←クリック!》

当日は・・・、

世界各国のお米に関する屋台ブースが立ち並ぶ中、

私たちは、

シドニーで歴史ある日本食レストランの
ヘッドシェフが「プレミアム手まり寿司」
デモンストレーション販売をしたり、



屋台ブースでは、

食べ応え満載の「肉巻きおにぎり」や、
香ばしい「焼きおにぎり」の販売もありfood37

ちなみにこのデモンストレーションは、
私もMCのひとりとして参加しますface30

この日に向けて新しい限定チームを結成しましたよ!w

なんと日本人にお馴染みのあの
トップブランドの協賛もいくつもあり、

なんとなんと提供するお米は、
正真正銘「あきたこまち」なんです!

当日は土・日それぞれ特別ゲストも、
応援に駆けつけてくれます・・・feel03

そう、何だかすごいことになっているのです・・・icon10

こんな機会を与えてもらって、
私は本当に感謝しかないですし、
もう本当後は全力で楽しむicon14

そして、

日本のおもてなしの心を持って、
日本のお米文化を世界の人々に、


楽しみ・味わってもらいたいと思いますicon12

シドニーにいらっしゃる方は、
ぜひぜひ私たちに会いに、
今週末はダーリングハーバーへfeel16!  


Posted by mia55 at 18:56Comments(0)イベント情報

2017年10月01日

ステージアップを目指す!海外で成功するマインドセミナー【21stOct】

Happy Summer time everyone!

以前告知をさせてもらった、

パース在住のモチベーショナルスピーカー
Noriさんによるセミナー開催が近付いて来ました!

シドニーでの開催は初だそうで、
きっと貴重な機会になると思うので、
再度こちらで告知させてもらいまーすfeel12

来る10月21日(Sat)、

シドニーでセミナーを開催しますicon12

下記が概要ですfeel12

「海外で住む」

それを目標に頑張り続けてきたあなた。

目標達成おめでとうございます。

実際海外に住んでみて、もう数年たっている人もいるかもしれない。もしかしたら数十年の人もいるかもしれない。

そんなあなたに質問です。

あなたに夢がありますか?

もっとステージアップしたいと思う反面、
どこかでリミットをかけている、そんな自分がいる。

「無理」

「不可能だ」

「自分にはできない」

と今まで何度も諦めて来た。

日本人だから、という理由でできないと決めつけてきた。

英語がネックで挑戦できずにいる。

今のままの生活で不満はないけれど、
3年後も同じことをしていると思ったらぞっとするface08

そんなことありませんか?

そんなあなたのためのステージアップを目指す!
海外で成功するマインドセミナーを行います。

■やりたいことはたくさんあるのに自分では整理がつかなくて、時間ばかりが経ってしまう。
■オーストラリアに来たら人生が変わると思っていたけれど、現実は。。。 ·
■なかなかオーストラリアで自分の居場所が見つけられない ·
■長年住んでるけど、やりたい仕事が見つからない
■何がしたいのか、何からすればいいのかわからない。
■自信がない。
■英語ができない、がいいわけで何もしないで今までやってきた。
■日本人だから、が口癖。
■今の自分に満足できていないけれど何をしたらいいかわからない。
■もっとオーストラリアで自分の可能性を探ってみたい
■やりたいことはあるけど、最初の一歩が踏み出せない。

何もしないで変化を望むことはCRAZYだ (アインシュタイン)

天才なんていません。才能があるだけでもダメなんです。

努力とやる気、やり続ける勇気。これがすべての成功の基礎なんです。

私自身も19歳の時にお金も友達も英語力もゼロでオーストラリアに渡ってきました。

ゼロからのスタート。

大学を二年で卒業し、憧れの公務員になることも、Rio Tinto,Water Corporationなどの大企業で働く夢も達成してきました。現在、夢だったコンサルタントとして大企業で働きながら、Qualified ライフコーチ、モチベーショナルスピーカーとして活躍。

あなたもこのセミナーで成功マインドを手に入れて、
ぜひステージアップを目指してください。

このセミナーで得られるものは、

□今までの自分の世界観が思い込みだという自覚
□正しいゴールマッピングの方法
□コンサルタントによる年収アップする方法
□みなぎるモチベーション ·
□やってもいいんだ、という安心感 ·
□チャレンジ精神 ·
□ステージアップした自分という目標 ·
□ 優先順位の付け方
□お金に対する新しい価値観

今までのセミナーで

「Noriさんのパワーに圧倒されました」

「自分を認めてあげる勇気が持てました」

「自分のゴールを突き抜く勇気が出ました」

「何かチャレンジしたくてうずうずしてます」

「今まで何か自分がぬるま湯につかっていたような気がしました」


という感想をいただいてます。実際、セミナーの後に起業された方、新しい勉強を始められた方、転職された方、離婚を踏みとどまりもう一回夫婦としてやり直す勇気を得た方、などいろんな方がいらっしゃいます。

あなたも自分の世界観をぶち破りませんか?一歩上のステージを目指しませんか?

face29

【お問い合わせはこちら】


Noriとは


オーストラリア在住15年。日本の大学在学中にオーストラリアへ短期留学。そのまま当地の大学に編入、大学院を卒業して西豪州水産省に就職。その後、Payrollや人事のコンサルタントとして、Rio Tinto, Water Corporationへ転職し、並行して“ライフ・コーチング”を勉強して資格を取得。「コーチングを通じて最高の自分を更新し続けてもらいたい」というコンセプトでコーチング会社を設立。

一児の母で妻。現在NPOでコンサルタントとして働きながら、ライフコーチ、モチベーショナルスピーカーとしても活躍中。ライフコーチングで過去250人以上の人と対話。

Blog Truenorth-lifecoaching.com
Media ホンマルラジオ  
Magazine http://www.theperthexpress.com.au/contents/tsurezure/150_kai/index.php

いかがでしょう。

パース在住の彼女が、
シドニーにいるのは稀です!

この機会にぜひ生のNoriさんに会って、
そのバイヴを受け取ってみてくださいicon12

※ここだけの話、前売りの方がお得ですよfeel11face29

【お問い合わせはこちら】
  


Posted by mia55 at 10:41Comments(0)イベント情報

2017年09月29日

「3連休の初めだからさ。」

Happy Friday for all!
そして、ロングウィークエンドにfood42

今日ね、

帰り道の電車で、
私の後ろでおじさんが、
女性に道を譲ったんですよ。

「お先どうぞ。」

ま、もちろんそれだけならよくあること。

ただその後ね、
おじさんはこう続けた。

「だって僕たちは今、3連休が始まって、
この先たっぷり時間があるんだからさ。
道をゆずるのに、十分良い理由でしょ。icon14


その後、

2人の間では会話と笑いがまだ続いていたけど、

そういう心のゆとりから生まれる会話に
とてもほっこりした瞬間でしたーface05

こんななんてことのない日常のワンシーンに、
気持ちが温かくなることがたくさんある、
そんなシドニーの暮らしがやっぱり、好きだな。

こっちに戻る直前の、

大阪での通勤電車との違いに、
やはり思わず幸せになるのでした。

そう、

だって今夜は3連休の前夜祭!

私はこれからビールを2本飲んで、
まったり本を読みながら寝落ちをしよう、
そんなことをワクワクと考えるだけで、価値がある。

ちょっと幸せになる、金曜日の夜なのでした。

皆さま、良いロングウィークエンドを!  


2017年09月27日

【10月21日】モチベーショナルスピーカーNoriさんのセミナー開催!

モチベーショナルスピーカーって、ご存知ですか?

自身の成功例やその秘訣などを伝え、
観衆をやる気にさせたり鼓舞することを目的とした、
スピーチの専門家のこと。

日本語としてはまだあまり
馴染みのない響きですが、
アメリカでは知られた職業だそう。

オーストラリア在住15年のパース在住、
モチベーショナルスピーカー、Noriさん。


ひょんなところでお知り合いになり、

歯に衣着せぬストレートな物言い、
バリバリとオーストラリア社会を渡り歩く、
見上げた人なのに気さくな関西弁の彼女people04

そのキャリアとは裏腹に、
妻であり一児の母である、
肝っ玉も据わった女性である。

友人としても(そう呼ばせてくださいw)、
ぶれることのない凛とした、
またバイタイリティの塊のような彼女に、

こちらも、よっしゃ、やったろかfeel14!と奮起できる貴重な存在ですicon14

軽く話したりチャットするだけで、
相手にそんな風に思わせられる彼女、
なるほどの天職ですねface05icon12

・・・で、

そんな彼女がこの度!

満を持して、

来る10月21日(Sat)、

シドニーでセミナーを開催しますicon12

下記が概要ですfeel12

「海外で住む」

それを目標に頑張り続けてきたあなた。

目標達成おめでとうございます。

実際海外に住んでみて、もう数年たっている人もいるかもしれない。もしかしたら数十年の人もいるかもしれない。

そんなあなたに質問です。

あなたに夢がありますか?

もっとステージアップしたいと思う反面、
どこかでリミットをかけている、そんな自分がいる。

「無理」

「不可能だ」

「自分にはできない」

と今まで何度も諦めて来た。

日本人だから、という理由でできないと決めつけてきた。

英語がネックで挑戦できずにいる。

今のままの生活で不満はないけれど、
3年後も同じことをしていると思ったらぞっとするface08

そんなことありませんか?

そんなあなたのためのステージアップを目指す!
海外で成功するマインドセミナーを行います。

■やりたいことはたくさんあるのに自分では整理がつかなくて、時間ばかりが経ってしまう。
■オーストラリアに来たら人生が変わると思っていたけれど、現実は。。。 ·
■なかなかオーストラリアで自分の居場所が見つけられない ·
■長年住んでるけど、やりたい仕事が見つからない
■何がしたいのか、何からすればいいのかわからない。
■自信がない。
■英語ができない、がいいわけで何もしないで今までやってきた。
■日本人だから、が口癖。
■今の自分に満足できていないけれど何をしたらいいかわからない。
■もっとオーストラリアで自分の可能性を探ってみたい
■やりたいことはあるけど、最初の一歩が踏み出せない。

何もしないで変化を望むことはCRAZYだ (アインシュタイン)

天才なんていません。才能があるだけでもダメなんです。

努力とやる気、やり続ける勇気。これがすべての成功の基礎なんです。

私自身も19歳の時にお金も友達も英語力もゼロでオーストラリアに渡ってきました。

ゼロからのスタート。

大学を二年で卒業し、憧れの公務員になることも、Rio Tinto,Water Corporationなどの大企業で働く夢も達成してきました。現在、夢だったコンサルタントとして大企業で働きながら、Qualified ライフコーチ、モチベーショナルスピーカーとして活躍。

あなたもこのセミナーで成功マインドを手に入れて、
ぜひステージアップを目指してください。

このセミナーで得られるものは、

□今までの自分の世界観が思い込みだという自覚
□正しいゴールマッピングの方法
□コンサルタントによる年収アップする方法
□みなぎるモチベーション ·
□やってもいいんだ、という安心感 ·
□チャレンジ精神 ·
□ステージアップした自分という目標 ·
□ 優先順位の付け方
□お金に対する新しい価値観

今までのセミナーで

「Noriさんのパワーに圧倒されました」

「自分を認めてあげる勇気が持てました」

「自分のゴールを突き抜く勇気が出ました」

「何かチャレンジしたくてうずうずしてます」

「今まで何か自分がぬるま湯につかっていたような気がしました」


という感想をいただいてます。実際、セミナーの後に起業された方、新しい勉強を始められた方、転職された方、離婚を踏みとどまりもう一回夫婦としてやり直す勇気を得た方、などいろんな方がいらっしゃいます。

あなたも自分の世界観をぶち破りませんか?一歩上のステージを目指しませんか?

face29

【お問い合わせはこちら】


Noriとは


オーストラリア在住15年。日本の大学在学中にオーストラリアへ短期留学。そのまま当地の大学に編入、大学院を卒業して西豪州水産省に就職。その後、Payrollや人事のコンサルタントとして、Rio Tinto, Water Corporationへ転職し、並行して“ライフ・コーチング”を勉強して資格を取得。「コーチングを通じて最高の自分を更新し続けてもらいたい」というコンセプトでコーチング会社を設立。

一児の母で妻。現在NPOでコンサルタントとして働きながら、ライフコーチ、モチベーショナルスピーカーとしても活躍中。ライフコーチングで過去250人以上の人と対話。

Blog Truenorth-lifecoaching.com
Media ホンマルラジオ  
Magazine http://www.theperthexpress.com.au/contents/tsurezure/150_kai/index.php

いかがでしょう。

パース在住の彼女が、
シドニーにいるのは稀です!

この機会にぜひ生のNoriさんに会って、
そのバイヴを受け取ってみてくださいicon12

※ここだけの話、前売りの方がお得ですよfeel11face29

【お問い合わせはこちら】
  


Posted by mia55 at 20:18Comments(0)イベント情報

2017年09月17日

マーケットに自ら立って故郷の味を焼く!

“【Washoku Lovers】キリビリでマーケットデビュー!”
↑こちらの記事を覚えていただいてるでしょうかface25

和食をオーストラリア人に広めるをコンセプト
活動している【Washoku Lovers】のマーケット初出店。

じ・つ・は。

このマーケット出店、
ご縁をいただいて、

第2回目から私もマーケットに立ち、
餃子やらたこ焼きやら、色々焼いていますfeel14

私のデビュー戦は、餃子と料理人が目の前で握ってくれる寿司food30
3度目の出店では、餃子(鉄板!)とたこ焼きにチャレンジ!

この餃子は材料にオーストラリア産のみを使用、
シドニーのレインコーブで手作りされているもの。

これを日本風に焼いて提供しているのだけれど、
本当に飛ぶように売れていく、主力商品でありますicon14

それプラス、毎回色々試している最中。

メンバーはWL代表と私に、
シドニーの由緒ある日本料理店の
料理長を10年近くも務めるシェフ。

私以外かなりすごい面々ですが、

マーケットについては誰もがもう、
見よう見まねでチャレンジしかない!w

ただ、

とにかく楽しくマーケットに立つこと。
楽しそうにWashoku/和食をアピールすること。

私たちに会いにマーケットに
足を運んでもらえたらいいねicon12

WL(私たち)のファン作り=和食広まる、の図式。

そんな風に話しています。
実際すでにリピーターさんもface05

ただ・・・商売に関してあまりに鈍感な私たちicon10

採算度外視の高級たこ焼きを販売したり、
お祭りコンセプトで売れると思っていたラムネを
ほとんど全て返品したりと・・・前途多難ですが。w

やはりキリビリという土地柄とか、
オージーの好きな和食との兼ね合いとか、
色々研究しながら成長させていきたいところicon14






ちなみにこちらのたこ焼き、
自分たちで言うのも何ですが、

激旨feel03

たこ焼きに関しては、
材料がまだ余っているのと、
大阪人が2人もいるためw、

次回も販売しまーす!食べに来てねfeel16
愉快な大阪人2人の掛け合いも聞けますfeel15。w

【Washoku Lovers】

日時 * 28th / Oct / 2017(Sat)
場所 * キリビリマーケット
  


2017年09月09日

いつだって心動くのは人の情熱に触れるとき。

先日、

某ウェブサイトの記事執筆依頼を受け、

いくつか候補を出した中で、
「元バリスタが選ぶシドニーのカフェ3店」
をテーマにしよう、となりました。

※はい、私約4年ほどバリスタをしておりましたfood25

3店にした理由は、

すぐ思い浮かんだのが、

“元同僚が次々と自身のカフェをオープン!”

“店主のこだわりをカタチにしたカフェオープン!”

と、

“海に浮かぶノースのカフェ。”

だったからface05。そこで、

ブログで主観を交えて書くのとはまた違い、

取材や許可も取りたかったので、
一応連絡を取ってみたんです。

すると、

半日もしないうちにカフェオーナー、
2人からの丁寧で長いメール返信が。

その行間からはもう情熱が溢れんばかり!
愛情や心が篭っている文章には、
上手下手関係なく読ませる力があるicon14

だって心を動かすのはいつも、人の情熱に触れてしまったときだからだ。

特にいつもふざけて私をからかうことを楽しんでいた彼。

まぁ、こういうの苦手だろうから適当に
掲載許可だけしてくれたらいいか!
くらいに正直思っていた・・・ら、ら、らface19

その返信は思いの他長く、私の求めていた答え、
を汲んだ上でさらに熱く、饒舌なものだったのです。

メールのそこかしこに彼のパッションが迸り、
溢れんばかりのそれにしばし心掴まれ、
改めてこのカフェオープンを誇らしく、嬉しく思ったicon06

彼らが心から好きでオープンしたカフェ、

それを日本の方に伝えるお手伝いができること、
元同僚同士がそれぞれの得意を生かして
また別のカタチでこうして仕事ができること・・・、

その奇跡のような巡り合わせに、ワクワクしていた某平日の深夜icon12


ラテアートはマスト

ささ、週末ははじまったばかり!

今からご近所にフラットホワイトでも買いに行こうかなーicon22

Happy weekend for everyone! From sunny Sydneyicon01  


2017年09月06日

オージーの優しさが身に染みる。

オーストラリア人って、
どういうイメージですか?

明るい、陽気、ビール、優しい・・・?

先日ね、

イメージ通りだけどやっぱりそうだよなー!

と痛感した出来事があったので、
ここで共有させてくださーいfeel12

去る、

3th,SEP。

オーストラリアのファーザーズディ。

春がすぐそこまで来ている、
ぽかぽか陽気の日曜日。

私はアルゼンチン人の友人たちと、
ブロンテビーチで落ち合い、
まったりと昼下がりを楽しんでいました。

私は徒歩で向かったのですが、
彼女たちの乗ってきた車が、

何と突然、

うんともすんとも言わなくなったのですface08

とはいえ、

彼女の車はかなりおんぼろ、
以前も救助を呼んだことがあるそうな。
だけど今回はバッテリーは交換したところ、
ガソリンもたっぷり入っている・・・、

原因がわからないのに、
救助を呼びたくない・・・!

と、なった。w

で、私たちが車の前方のボンネットを開けて、
「あーでもないこーでもない」、とやっている・・・と、

3分もしないうちに、
ベイビー連れの若いファミリーの
お父さんが立ち止まってくれた。

「何か問題でもあった?」

そこで私たちは事情を説明し、
彼も一緒に「あーでもないこーでもない」
とわからないなりに親身に考えてくれる。

赤ちゃんも泣き出さず、
美人の奥さんも親身になって
見守ってくれるではないか!

・・・が、気付いたfeel09

本日は、父の日!

せっかくのファミリーの時間を、
私たちのために使ってもらうなんてface30

というわけで、

厚くお礼を言ってサヨナラをし、
また女子3人で頭を抱えること、

2分!

ぬぼーっとしたおじさん(失礼icon10)が、

「どしたん?」

とぬぼーっと聞いてくれる。w

でまた同じ説明を繰り返し、
彼もやはりわからなかったのだけど、
それでもエンジン掛けることはできるかも、
と、運転席に乗り込み・・・、

私たちも後ろから押したりして、
くいくいっと走らせるうち、

グオングオン・・・ウオーン!

と、エンジンが、掛かったbusiness08!!

私たちの拍手と歓声が響く中、
そのおじさんってばそんな偉業を
まるで何とも思わないように、

「じゃicon23」と、

自分の車に戻って行くのでした。

そして、そんな彼もなんと、お父さん!

わーーーー・・・、

父の日の貴重な日、

解決法もわからないかもしれない、
私たちの車事情に付き合ってくれた、

そんなオージーのお父さんたち。

困った人を放っておけない、
世話焼きで優しいオージー。


表面上だけでなくちゃんと心が篭っている、
その有難さに感謝せずにはいられませんでした。
やっぱりこの国に住めて幸せだーicon14

そんなことを、

車の彼女たちを見送った後、
ひとり歩きながら想う私なのでしたface29


  


2017年09月03日

シドにーにもこんなに可愛い訪問者たち。

シドにーはオーストラリアで一番の都会ですfeel12

が、

日本の東京や大阪とは比べられないほど、
やはり長閑な空気が流れています。

この間はお庭で洗濯をしているとき、
(うちには洗濯機なるものがないので手洗いw)
ギャーギャー、ギャギャギャと賑やかな声。

見てみると庭のプルメリアの木に、



この存在感たるや・・・!

レインボー・ロリキート!

近付いて行っても全く逃げる素振りがない。w
人間に安心し切っているこの野鳥たちに癒され、

さっきも部屋にいるとき、
何者かの視線を感じて
窓の外に目をやると・・・、




うわうわ、

ワライカワセミ!w

レインボーの方は良く見るのですが、
うちの庭でもワライカワセミの方がレア。

色味は白が貴重で地味だけれど、
この頭でっかちのずんぐりむっくり、
存在だけでこんなにほっこりするface05!w

もちろんこの他にも、
巨大カラスや頭にちょんまげのある
可愛らしい鳥なんかも来る。

シェアメイトがたまに餌付けしているけど、
あまり習慣付けちゃうと鳥の館になっちゃう。w

何ともほっこり癒される、週末の午前中なのでしたface29

皆さま、よい日曜日をicon14  


Posted by mia55 at 07:17Comments(0)シドニーの日々。

2017年08月23日

店主のこだわりをカタチにしたカフェオープン!

“元同僚が次々と自身のカフェをオープン!”

本当に、

あの古巣のカフェから、
これほどに独立を果たすとは!

はい、別のメンバーも、しかもチームを組んでオープン!

その名も、

“AGAINST THE GRIND”


インドネシア人とイタリア人の2人。

どちらも持ち前の陽気なキャラクターと、
確実な腕前で愛されるバリスタたち。

一緒に働くと、

お客さんも巻き込んでいつも和気藹々、

小さな店舗はいつも笑い声に溢れ、
どれだけ忙しくてもお互いを労ることを
忘れない彼らに何度も助けられたicon14

そんな2人がタッグを組んで、
ノースの入り口、ニュートラルベイに
7月末、満を持してオープン!

迎えてくれた、

彼らの理想が全てカタチになったその空間は、
オープン後まだ1週間だというのに、
もう常連らしきお客さん達で賑わってました。

コーヒーはCampos/カンポス

私たちが当時から淹れていた馴染みのロースターから。

頼んだのはマグサイズのフラットホワイトと、
もちろん楽しみにしていたブランチicon28food25

・・・が!

この日お目当てのメニューはなくface10

代わりに彼らのおすすめで、
自分で好きなものを選んで組み合わせる
スタイルのブレックファストをオーダー。

ささ、

まずは、


「WE MISS You MIA!!」

こんな愛あるアートのコーヒーがサーブされた後は、


おすすめの選べるブレッキーicon28

パンの種類と具材を選びます。

私はパンはイタリアンスタッフDにお任せ、
確か・・・Linseedの入ったやつ、でした。w

そして私は、

プロシュート、トマト、
アボカドに卵を添えて。


バケットにはオリーブオイルが垂らされて、
そこはかとなく、イタリアーンなお味。ヴォーノfeel03

そして、

何に感激したって、

どの野菜も素材も瑞々しい!
さすが自家菜園から採れた野菜たち。

「mia、僕たちほんとうに細部にまで手を掛けてるんだよ。
こだわりが全て詰った、大満足の仕事なんだ。」

口にするものばかりじゃない、

ロゴのデザインからカップやカードなど、
専属デザイナーが手掛けるグッズまで。

オーナー2人の理想やこだわりが随所に光る、カフェ空間。
(ちなみに確か、もう1人の共同経営者がいるそうでした)

少し話したらまた、

別の友人が訪れたりして、
オープンしたてで忙しそうicon10

あの戦場のようなカフェで出会った仲間が、
こうして今も繋がってビジネスパートナーになっている。
2年前にはとても想像ができなかったけれど・・・。

それだけでもきっと、

あの場所で頑張った甲斐があったということだろうね!


オーナーのDとM (気になる方は直接訪れてね)

ノースにお住まいの方、

親日家なスタッフがお待ちしていますよ!

特に、インドネシアンスタッフMに絡んであげてください。w
私が教えた変な日本語まだきっと覚えているはずでーすface29icon12  


2017年08月19日

ビザに翻弄される人々。

別の場所で書いた記事で、
少し反応があったので、
こちらでも共有させてくださいfeel12

nature06nature06nature06

先日、

最近知り合った人が、

ビザの延長が拒否されて、
敢え無く28日の猶予を残し、
日本への帰国が決まりました。

その人は学生ビザでなんと、

5年以上もオーストラリアにいたそうで、
その先にどういう希望を抱いていたかは
その人にしかわからないけれど、

結局、

そういう人々の何割かがそうであるように、
現地人と結婚したり、ビザのスポンサーがついたり、
そのどれにも引っ掛かることなく、道が閉ざされた。

酷な言い方に聞こえるかもだけれど、
その人は、この国と縁がなかったんだと思う。

そしてどこかで、

自分では切れなかったこのループから開放されて、
その人は恐らく安堵感を感じているんじゃないかと、

私はそんな風に感じました・・・。

オーストラリアは確かに、

常に世界で住み易い国のトップクラス。
移住を目指す人が後を立たない・・・。

かくゆう私も、そのひとりでした。

だからその気持ちは、
わからないでもない。

でも、

私はありがたいことに、
本当ツイてたんだと思うicon12

お金も時間もそんなに掛からず、
本当にスムーズに行きましたから。

ただ元恋人との関係をこじらせているうちに、
それを何展もしているうちに、取れたface30

今思うとそのことの方がよっぽど心に堪えた・・・icon15。w

エニウェイ、

私の周りにも実際にいましたよ、
ある友人はまさにそんな感じで、
ワーホリから学生に延長して2-3年。

彼女はジャパレスと学校(テスト)の
両立が本当に毎日大変そうでした・・・。

彼女はめでたくオージーに、
見初められて結婚、今はすっかり
幸せな生活をしているようですicon22

でも、

やはり私にはできないだろうな。w

まず・・・、

私はもう・・・、

学校に通いたくないものface03!w

でも彼女だけでなく、

本当にたくさんの人が、
長く留まるという目的のために、
高い学費を払っています。


そしてさして興味もないのに、
ビザのためにビジネスやアカウント、
などの勉強をしているよう。

でも最近また、

スポンサービザの法律が改定されました、そして
永住権に有利な職種もまた変更されたようです。

こういうビザに関する条件や諸々、
オーストラリアは本当にすぐ変わります。

移民局、容赦ありませんicon05

今まで、

スポンサービザを取れた人、
永住権まで取れた人、
パートナービザを取れた人、
帰国を余儀なくされた人・・・、

世界トップクラスで暮らしやすい国に住む
という目的のためにビザに翻弄される人々。

私がたまたま取れたから
言うわけじゃないですが、

“ビザを取る”ことを目的にすると、
取れた後、道を見失いがちですicon10

ワーホリの数年くらいなら問題ないし、
例えば結婚して相手がこっちの人なら、
求められ、ここにいる理由があります。

でも、

そうじゃない場合、

もしくはそうだったけれど、
私みたいに事実婚の相手と
別れてしまった場合・・・。

はて、何のために私はここにいるんだっけ、となり。w

さらに永住権は、

持っていたら持っていたで、
次は手放せずに翻弄されることも、
実はあったりするんですよ…。

そういう意味では、私もビザという存在のために
翻弄されたひとり、と認めざるを得ないけれど。w

取れる取れないに関わらず
もっと大切なのは、
今ここでできる最大限を、

味わい尽くし、楽しみ切る、ことicon14

じゃないかなーと、私は最近思う。

だって、

もったいないですもんね、
自分次第だけではないことに、
執着し、振り回される時間も。

できることを楽しみながら夢中でするうち、

気が付けば、取れたicon12

それくらいの軽やかさが、
何ともかっこいいではないですかface16

でも、

考えましたよ、当時、私なりに。

とても学校へ行くお金も気持ちも持ち合わせていなかった私。

元恋人と別れて何をするか、どこに行くか。
候補は、メキシコかバンコク…でしたface29。w

メキシコで旅行会社で
働きつつスペ語をものにする、

もしくは、

バンコクで日系フリーペーパーの
編集のお仕事でキャリアを積む。

うん、我ながらどちらも楽しそうだなicon14

でもま、

私はもう少しこの、

縁があり快く迎え入れてくれたオーストラリアという国で、
これからは何かのカタチで、恩返しをしていきたいなー。

そして、いつか縁が終わるときは、
潔く手放そうと思えるくらいには、
これからの日々も仕事も味わい尽くそう、と。

そんな風に思っていまーすfeel12  


2017年08月17日

いつまでもID提示を求められる日本人。

つい先ほど、

近所のリカーストアで、
懲りずにIDを求められた
ア、アラフォーです・・・face19

そのお店は巨大スーパーに、
巨大なお酒コーナーがある、
個人的にお気に入りのショップicon06

つまり、

何度か足を運んでいることは、間違いないface03

なのに、

また、ID提示を求められました。
ザ・日本人あるあるfeel09

ちなみに、そのショップで3度目。w

でも、

今日みたいにIDを持っており、

さらに爽やかイケメン
(キミ、若く見えるね)「IDは?」
と聞かれる分には気分もいいがfeel03

※ちなみに(カッコ)部分は妄想w

本当にIDを持っておらず、
どうしても今、酒をくれーfood42
というような気分の日には、

おぬし、正気かface30

と、少し腹立たしさが露になりつつ、
「私3●だよ、勘弁してーface06」と、
さらに情に訴えて売ってもらうことも。w

ま、

そんなこんなでも、結局嬉しいことですよ。w
日本人(アジア人)って、ほんとーに、得ですicon22

というわけで、

私は本日もカバンに
IDを忍ばせて歩きますitem50


思わず目が輝く豊富なラインナップface05icon12  


2017年08月14日

潮風の届く街に住む、贅沢。

先週は、

それはもう怒涛のように
日々が過ぎていきました。

日中の仕事は佳境を向かえ、
緊急案件のライター業務も何本も抱え、
社交的なイベントも相次いだり・・・。

絶え間なく続く緊張感と、
ストレスが畳み掛けてくる、恐怖face30

はい、そんな一見大変そうな、私の暮らしですが。w

私は何とか日々生きておりますicon22。w

この暮らしがいつまでも続くわけじゃないと、
わかっているからこそ、というのもあるけれど。

この息詰まった日々に風穴を開け、
心や緊張を解し調整できる、
そういう術をいくつか用意している、

からかもしれません…face29

そんな中金曜日には、

シドニーの東の岬、
ワトソンズベイにお出掛け。

Watsons Bay Boutique Hotel


まずは私の希望でチップスとビールfood42

そう、その息抜きの術 / 方法。

ひとつは間違いなく、
自然を感じること。

私の暮らしの場合、それは海の存在に触れること。

この日向かったのは、
大好きなワトソンズベイの一軒。

冬だというのに比較的暖かな夜、
ヒーターの近くの外の席をゲット。

もうね、

この席に座った瞬間から、

ザーザーッ、

聴こえてくるさざ波の音。
静けさの中深く響く・・・。

そして何より、

鼻先をくすぐるのは、
塩分と夜の湿度の重みを
たっぷり含んでいる、潮風。

都市の中心で仕事をした、
同じ日の数十分後には、
こんな潮風香るビーチで、

ビールで乾杯ができる、暮らしビールfood42

そんな潮風の中で呼吸をするたびに、
一週間分の蓄積された緊張感も、
ゆるゆると解けていくのを感じます
icon12

調整・開放・リセット。

ただ、幸せな時間。

どれほど大変でも、
一日の疲れや辛さは、
その日のうちに解消できる、
そういう暮らしだからこそ、

まだもう少し、踏ん張れそう!

と心から想えますicon14

ちなみにこの週末は海辺の街を
満喫できるプラン目白押しで、

連続して、

ROSE BAY / ローズベイ
BONDI BEACH / ボンダイビーチ


でも、

気の置けない友人との
キャッチアップディナーを。

幸せだなーと、
思わず声に出てしまう、
それはきっと、

潮風の届く街に住むという、
長年の夢を今生きているからかも
しれませんねーface05icon12  


2017年08月12日

セカンドハンドで服を買うコツ♪

日本では(というか今までの私は)、

古着・セカンドハンドって、

何となく個性派なお洒落さんが、
私のような一般庶民には思いつかないような、
奇抜なファッションの一部として活用している・・・、

というイメージface19

・・・が、

シドニーでの私の家族のような存在の、
洗練されたお洒落が似合う友人。

彼女に教えてもらってから、
私の中でそのイメージが、

ガラリ!


変わりましたicon12

シドニーに限らずだと思いますが、
寄付で成り立っているセカンドハンドは、
私のような古着素人でも使えます!

おすすめは、

VINNIES
街にひとつはある青い看板が目印で、
入りやすい雰囲気の明るい店内。

RED CROSS SHOP
レッドクロスは日本でもお馴染み。

そして、

Salvation Army
世界中で知られているイギリス発祥の
慈善団体の活動の一環のショップ。

オーストラリアはいわずもがな、
物価が高いです・・・mark02

服に関してはもちろん、

安くでカジュアルな服は買えますが、
ちょっと良い場所に着ていくような、
品質の良いものは結構なお値段・・・face08

そこで、

そのお洒落友人が教えてくれたのが、
こういうセカンドハンドショップなのでした。

ちなみに彼女はお金持ち。w

根っから、生粋のイースタンサバーブ育ち。
※イースタンサバーブとは日本の芦屋のようなイメージ。

ですが彼女の手に掛かれば、

古着でも一流ブランドものでも、
ときには遊び心で4ドルくらいで
Kマートで買えるネクレスをつけていても、

とーってもファッショナブルに決まるicon12。サスガ!

本当にお洒落やスタイリングが大好きみたいfeel03

で、

彼女曰く、

ポイントは、

お洒落な人やお金持ちが住むエリア
の、セカンドハンドショップを選んで足を運ぶことfeel12

店員さんはブランドに疎い場合もあり、
そういう時は高級ブランドが驚くほどの
安値で売られていたりするそう・・・!w

そして、

品揃えは数日で変わったりするので、
一週間に一度くらいの頻度
ぶらっと立ち寄ってみると時々、

とんでもない掘り出し物に出逢えるそう。

私は彼女ほどブランドを知らないので、
たまに彼女と一緒にショッピングに行くと、
知らない一流ブランドを手頃に買えたりね。w

日本のブランドものが欲しければ、
ノース(ニュートラルベイやモスマン)などに、
足を運んでみるといいかもしれませんfeel12

普段はスーパーカジュアルな私ですが、

長持ちしそうな、高品質アイテムも、
混ぜながらファッションを楽しんでみようかなっicon14


奇抜なシャツなどももちろん売られています・・・w


靴もこんなに!ただ、靴と水着系は多少躊躇icon10

ちなみに今狙っているのは、
近所のRed Cross Shopにある、
バッグです!かなり可愛いfeel04

週末だしね、ぷらっと
ウィンドウショッピングがてら
行ってみたくなりました。

皆さん、良い週末をーfeel16  


2017年08月06日

シドニーの通勤バスの怪 !?

私は通勤に、ときどきバスを利用していますbusiness07

オーストラリアのバスは、

手を上げないと止まってくれない、
バス停の名前もアナウンスもないから、
初めての地で降りるときは一苦労。

などは良く知られていますが、
ほかにもいくつか興味深い、

シドニーの通勤バスあるあるをicon23

※人から聞いたものも含む

①よく遅れる

②ゆえに一向にバスが来ないと思ったら、
 次の瞬間数珠繋ぎのように連なって来る

③バスが混んでいると人が待っていても通過

④ドライバーさんが割と自由


⑤ドライバーさんが好きな曲を掛ける





こないだは、

朝の通勤ラッシュ時とはいえ、
2台連結の巨大バスが、
10人くらい待っているバス停を、
しれーーーっと通過。w

その直後に止まってくれた、
バスの運転手がめちゃイケメンという、
飴とムチな朝の時間とかface05

別の日は、

バスに乗った瞬間に聞こえてきた、
なんともこそばゆい馴染みのあるリズム。

J、JPOPか!?

いや、

ジャ、ジャニーズかface19!?

私も最近のはよく知りませんが、
きっと嵐とかその前後のグループの
アルバムだと思われるものが、

かなりお洒落な人の多い界隈を走る
路線のバスで掛かっておりましたfeel01。w

ドライバーは、おっちゃんでした。

でも日本人か日本文化が好きな、
別のアジアのおっちゃんかは、
初見ではわかりかねるのでした。w

他にも、

ドライバーが途中でコーヒー買いに止まった、
なんていう話も聞いたことがありますfeel15

私はもっぱら電車が好きですが、

たまに乗るとこういう人間味のある、
バスというのも魅力的なものですねfeel11  


Posted by mia55 at 09:50Comments(0)シドニーの日々。

2017年08月02日

元同僚が次々と自身のカフェをオープン!

“元同僚が色々すごい!”
の記事の続きです。

当時私が働いていたそのカフェは、

軽やかだけど強めの苦味とかすかな酸味が特徴の、
Campos / カンポスの豆を扱う、
その界隈ではほとんど唯一の店でした。

小さな小さなそのカフェは、
いつも人気で行列を作る人が絶えず、
へとへとになりながら働いていた私。w

だけど、

私が何より合わなかったのは、そのボスface30

彼がねー、

あまりにもあんぽんたんで、
人を機械のように扱い、
無茶難題を吹っかけて、

連勤が10日以上続き、
次のロスター(シフト)にも私の休みが
見当たらなかったとき、

そんな中ひとり優雅に旅行に行っていたとき、

そして、

あれほど外から見れば優れて、
地元の人に愛されるカフェでさえ、
中を見ればこんなもんかと、思った。


正直、失望して私は退職しました。

そんなボスの店にも関わらず
そのカフェが素晴らしかったのは、

チームが素晴らしかったからicon12

特筆すべきは、

ヘッドバリスタ、タイ人のS。

彼女の手さばき、笑顔、記憶力、
全ての能力がずば抜けていました。

どれほど混んでも笑顔を絶やさないゆとり、
目は確実に次々とやって来るゲストを見やり、瞬時に、
記憶しているその人のドリンクをプロセスに組み込む。

彼女の手先から注がれるコーヒーは、
1mmの狂いもなく美しく、美味しいfeel03


私がどれほど彼女を尊敬し、
彼女に励まされていたか、
きっと彼女は知らないだろうけど・・・face05

因みに、

ロースター「CAMPOS」が行うトレーニングで、
全土の中でトップスコアを取得し続けたこともある、
リアルに、トップクラス級のバリスタなんですface19icon12

そんな彼女Sが、
私が日本に帰っている間、
彼女のパートナーと2人、

自らのカフェをオープン!

“Jozo by Sven_San”


本日のスペシャルはミートボールでしたface05


トレーラースタイルのカフェ

こちらのお店、
コーヒーは言わずもがな、

ホームメイドマフィンや、
サンドイッチ系も充実していますが、

料理もね、

スカンジナビアン系のレストランが
併設されていて料理はそこから出されるので、
かなりしっかり丁寧なお味の料理が出てくる。

この日のスペシャルも、
ミートボールのジューシーさ、
絡めるソースの絶妙な味付け、
フレッシュな野菜のガニッシュ、

どれをとっても◎!w

17ドルくらいだったかな、
コスパの高い一品でした。

半分くらい野外になっているので、
(外にはストーブ完備ですよ!)
ぜひ晴れた日のブランチにどうぞ。

オックスフォードストリートにあり、
週末にはパディントンマーケットの前後に
ふらっと寄るのもおすすめですfeel12

私があのカフェで見切りを付けて退職した後、当時の
チームメンバーがこんなにパワーアップしていたなんてface05

でもでも、

この古巣のチームのパワーは、
それだけじゃなかったんですねー!w

では、また続くicon23
  


2017年07月29日

【Washoku Lovers】キリビリでマーケットデビュー!

去る、22th / Jul (Sat)。

初めて訪れたのはノースの入り口にある、
Kirribiri(キリビリ) マーケット

訪れた理由はただひとつ、

【Washoku Lovers/和食ラバーズ】

が初出店するという知らせを聞きつけたからなのですface05

共通の友人を通して最近知り合った女性が、
和食(=日本の食文化)
オーストラリア人にもっと知ってもらいたい!

という想いではじめた、

オーストラリア人を対象にした、
日本食分化(=和食)を広める、
コミュニティなのです。


活動は多岐に渡り、

主な媒体としてのメディア運営のほか、
クッキングクラスやマーケット運営など。

今やコミュニティの無料会員は15000人を超えたそう!
日本食好きのオージーに教えてあげて、特定のお店で特典が受けられますよface29

ひとりでも多くのオーストラリア人の口に、
和食を届けるために活動されています。

その主催の女性の名前は、ゆりさんpeople04

見ているだけでハッピーになる、
そんな笑顔をいつも気前良く振りまいていますfeel03

栄養士や国際利き酒師の
資格や知識をいかんなく発揮し、
オーストラリアの地で夢を叶えるべく、
日々頑張っている素敵な女性icon12

そんな彼女率いる【Washoku Lovers】の、
記念すべきマーケットデビュー!

私ももちろんお邪魔してきましたっfeel12


シドニーの象徴、ハーバーブリッジの袂が舞台


ブースの前で笑顔で迎えてくれるゆりさん

コミュニティカラーだという真っ赤なテントは、
マーケット内のフードエリアでもとても目立って、
すぐに見つけることができましたよfeel12

到着したのは12:30過ぎ、
ランチの時間真っ只中ということもあり、
もうそれはすごい賑わいでした!

メニューは、

日本式の焼き餃子と、
オーガニック豆腐のおからサラダ、
オーガニック豆腐の特製ドレッシングと味噌汁


どれにしようあれにしようと、
一緒に訪れた友人とわいわい選ぶ、
その過程も楽しいひとときface02


迷ってほぼ全て網羅しましたーface30feel03

豆腐にドレッシング掛けたものは
「Organic TOFU CUP」$5として販売され、
ドレッシングは5種から選べ、トッピングは選び放題だそう!

迷った挙句、友人はポン酢ドレッシング、私はブラックぺッパー味噌を。

ポン酢の方はお馴染み素材の、
さっぱりポン酢にレモンの酸味が
やさしく溶け合ったマイルド感。

味噌の方もお馴染みの素材だけど、
こちらは全く新しい新鮮な味わいがあった!
ブラックペッパーと組み合わせたことでパンチが効いて、
オージー受けもいいんじゃなでしょうか。

おからサラダにいたっては、

あまり得意意識はなかったのですが、
味付けがしっかり丁寧にしてあったのもあると思うし、
大人になったからか身に染みて美味しかった。w

友人と2人、

「おからが、おからが旨い・・・」と食べ続けましたface06

餃子はもう、間違いないですからねface04

初出展とは思えない大盛況具合!

初めてみる食材に戸惑うオージーにも、
キラキラ笑顔で説明・対応するゆりさん、

大忙しの中、私たちの相手もしてくれてありがとうね!

彼女は後で、

「オーストラリア人に日本食について直に説明して、
食べてもらって、気に入ってお金をいただいて手渡す。

そのことに素直に喜びを感じました、感無量だったicon06。」


と当日のことを、話してくれましたfeel12

※こちら本人のブログもぜひ→★

ゆりさんをはじめ、他の出展スタッフもそうそうたるメンバー、
彼らの食への情熱と愛情が、たっぷり詰まったメニューは全て、完売icon22

ご馳走様でしたっicon12

もちろん、またお邪魔したいので、
ぜひ次回を期待していまーすicon14。  


Posted by mia55 at 10:24Comments(0)イベント情報

2017年07月24日

本好きにはたまらない集い。

去る某・TGI Fridayicon12

吟味して選んだ赤ワインボトルと、
お気に入りの本を2冊携えて、
仕事後に嬉々として向かったのは、

シドニー在住日本人の心の拠りどころ、

ほんだらけさんfeel20

この日は私がかねてから楽しみにしていた、
ビブリオ読書会が行われる日だったのです。

ひとり1冊、

そのときの勝負本を用意し、
5分という制限時間の中で
プレゼンをし合う会、だとか。

以前は、

その中で一番秀逸な一冊を決める、

という趣旨が盛り込まれており、
ビブリオバトルという
タイトルだったらしいのですが、

もっとゆるーりと楽しいことが一番、
プレゼンだと緊張もするし、ということで、
今のカタチに落ち着いた、と聞きましたfeel12

私もプレゼンとか制限時間5分とか聞いて、
最初は変な汗が出そうでしたが、
実際はもうぜーんぜんリラックスした雰囲気!w

店主のTomingoさんを筆頭に、
今回は7名の本好きさんが集合ーpeople13people09

そして、

各おの持ち寄ったドリンクで、
乾杯をしてからプレゼンスタート!

私は赤ワインにぴったりの、
しっとり読める小説をピック。

主人公のキャラクターから、
ストーリー全体のトーン、そこから得たメッセージなど、
ネタばれしないように大まかにお伝え。

5分丸まる使えるかわからなかったので、
念のためと持参したもう一冊も軽く紹介でき、
なんとなくいい感じにできたかなーとface06

自己申請ですが・・・icon23。w

自分が普段読まない系統の本や、
漫画を選ばれた方も2名ほど。

それぞれのフィルターを通して見た本の世界・・・。
非常に興味深く聞き入ってしまいましたー!



ひとりずつプレゼンが終わると、
ここからお愉しみ第2段・・・!

おつまみターイム!

とはいえ私は仕事終わりだったのもあり、
リアルにつまみのスナックだけでしたが・・・。

ある方々が、

かなり本格的なお料理を、
風呂敷に包まれた重箱に詰めて、
持ってこられたことに・・・感動feel03

なかには見た目に美しい、
炊き込みご飯やら自家製漬物、
そして野菜の煮物などが
face05

ほかにもスイーツやら抹茶パンなどのデザート系まで。

これらをつまみつつ、
ボトルが1本、また1本と・・・、
気前良く開けられる宵。

なんて、至福な・・・、

本好きワイン好きには本当たまらない集い、なのでしたfood03

毎月開催されているようですし、

告知は直前になることもあるそうなので、
気になる方は“ほんだらけ”までお問い合わせをfeel12  


Posted by mia55 at 20:02Comments(2)イベント情報

2017年07月21日

海に浮かぶノースのカフェ。

ひとつ前の記事(→★)の続きです。


その、私の愛したマリーナのカフェは、
一旦立ち退きを余儀なくされました・・・。

・・・が!

やはりボスのカフェへの情熱や愛の灯が、
小さくても消えることはなかったんですね。


あの日から数年たった今、

今日ご紹介するノースの一軒を中心に動かしながら、
会員メンバーのみが入れるヨットクラブなどでも
最近オープンし始めたみたいですicon19

その素敵なノースのカフェは、

こちら。

“The Flying Bear Cafe“

GOOD FOOD GUIDEに紹介されていましたfeel12
http://www.goodfood.com.au/eat-out/news/just-open-the-flying-bear-kirribilli-20151119-gkmt2s

「Milsons Point」が最寄り駅。

前方に海が見える美しい坂道を
下りきったところにある、カフェ。





まるで海の上に浮いているみたい・・・。

潮風に吹かれながら、
コーヒーやブランチが楽しめます。

フレンドリーかつプロフェッショナルな
スタッフの対応は接していて清々しい!


豆はVittoriaなので飲みやすいマイルドさです。
腕は一流バリスタが入れるので、間違いなし!

ここで過ごす時間は味の云々以上に、
その景色含めwholeパッケージで最高icon12!w

本当は・・・秘密にしたいくらい、
穴場かつお気に入りの一軒ですfeel15food25feel03。  


2017年07月19日

元同僚が色々すごい!

2年越しにシドニーに戻ると、

カフェの元同僚たちが、
さまざまな展開をしていたので、
ビックリしてしまう・・・。

と、同時に、

いやー、当時からすごいとは思っていたけれど、

それほどのポテンシャルのある同僚たちと
働けていたことが、まるで夢のようだと思うicon12

シドニーでは3つのカフェを経験したけれど、

一番愛していたカフェは、
海辺のマリーナにあったicon19


雨が降ると店閉めなきゃいけないとか、
潮が満ちるときは足元水浸しだし、
波が荒くなれば、塩水が顔にかかる・・・。

そんな自然環境と隣合わせだった、カフェ。
天気が悪いときは店の開閉店をひとりでした。w

特に快晴の日働いていると、一日に一度は最低言われる、

「こんな美しい場所で働けるなんて、ラッキーだね!」

そして、

我がもの顔で働く私、よく「ここ君の店?」と聞かれたっけface04。w

そんな想い入れのあるカフェ、

実は突然の立ち退きで閉店icon15


しかも、

その日知らずに職場に行った、
困惑したまま一日営業し、
その日の夜に、撤去したあの日。

今では笑えても、あの時は悪夢みたいだった・・・face08

そのカフェオーナーがね、

何と次々と新店舗を展開しています!

それも!そのほとんどが、同じマリーナにicon19

シドニーに戻ってきてすぐ、
今でも同じ同僚が働いているので、
サプライズで突然行って来ましたーicon22



カフェについての紹介は、また次回icon12
  


Posted by mia55 at 21:24Comments(0)シドニーで働く。