プロフィール
mia55
mia55
旅行誌や情報誌の広告制作・ライター、元バリスタで旅人。 好きなことを追求し続けたらこうなりました。 今現在も新たな分野を開拓中! 4年以上の女ひとり世界放浪の末辿り着いた、愛しのシドニーよりお届けします。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
シドニー旅行ならAAOトラベルへ!
シドニー旅行はAAOトラベル!

にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ 人気ブログランキングへ

2017年07月19日

元同僚が色々すごい!

2年越しにシドニーに戻ると、

カフェの元同僚たちが、
さまざまな展開をしていたので、
ビックリしてしまう・・・。

と、同時に、

いやー、当時からすごいとは思っていたけれど、

それほどのポテンシャルのある同僚たちと
働けていたことが、まるで夢のようだと思うicon12

シドニーでは3つのカフェを経験したけれど、

一番愛していたカフェは、
海辺のマリーナにあったicon19


雨が降ると店閉めなきゃいけないとか、
潮が満ちるときは足元水浸しだし、
波が荒くなれば、塩水が顔にかかる・・・。

そんな自然環境と隣合わせだった、カフェ。
天気が悪いときは店の開閉店をひとりでした。w

特に快晴の日働いていると、一日に一度は最低言われる、

「こんな美しい場所で働けるなんて、ラッキーだね!」

そして、

我がもの顔で働く私、よく「ここ君の店?」と聞かれたっけface04。w

そんな想い入れのあるカフェ、

実は突然の立ち退きで閉店icon15


しかも、

その日知らずに職場に行った、
困惑したまま一日営業し、
その日の夜に、撤去したあの日。

今では笑えても、あの時は悪夢みたいだった・・・face08

そのカフェオーナーがね、

何と次々と新店舗を展開しています!

それも!そのほとんどが、同じマリーナにicon19

シドニーに戻ってきてすぐ、
今でも同じ同僚が働いているので、
サプライズで突然行って来ましたーicon22



カフェについての紹介は、また次回icon12
  


Posted by mia55 at 21:24Comments(0)シドニーで働く。

2015年05月18日

一対一でコーヒートレーニング!

私の働くカフェのスポンサーである、

とあるロースターの
コーヒートレーニングを
受けて来ましたよ!

その名も・・・、

Campos/カンポス!

ちょっとカフェ業界を齧った人、
もしくはコーヒー好きなら、
知らない人はいない程の、

大手ロースター。

ロースターとはまぁ言わば、
コーヒー豆の焙煎会社ですね。

オーストラリアで有名なのは、
Toby Estate、Vittoriaなども。

MeccaやSingle origin roasterも人気!

その中でもオージーに大人気の、
カンポスがうちのサプライヤー。

簡単に言うと、

パンチが効いていて、
味が濃いのです
feel12!。

最初は実は、濃過ぎ!とさえ思っていたけど、
一度この味に慣れてしまうと、もう他へはいけない・・・。w

とにかく、

このカンポスのこだわりはすごくて、
3ヶ月に一度は一対一のトレーニングがあり、

トレーニングだけに教えてはもらえるけど、
実はその間もしっかりスコアされているという・・・face30

その日は早や目に着いたので、
近くにあるカンポスカフェで一杯コーヒー。

その名もドンカンポス!w


広々した上に天井の高い開放的な店内

いつも初めての場所ではフラットホワイトをicon23


時間もないのに思わずマグサイズを頼んでしまう、コーヒー中毒な私 トホ

因みに、

カンポスを提供するカフェでは、
ラテアートは必須になり、
しかもそのロゴともなっている、

こちらのロゼッタがマスト!

さあ、

いよいよ、トレーニング!

トレーナーの彼は、
すごい気さくな兄ちゃん。

私が着いたときはまだランチ中。w

・・・が!

ひとたびトレーニングが始まると、
一気にプロの顔になります( ´艸`)

それでも気さくさは失わず、
終始和やかな空気ーface01

でもグラインダーやマシーンの扱いを見ていると、
ものすっごいコーヒーに情熱があるのが伝わる。

その職業が何であれ、

やはり手に職がある人は、
見てるだけで気が引き締まる。


投げかけられる質問にはある程度
いい感じに答えられたけれど、

アートの際に彼の言うやり方をなぞって
やってみたら・・・全くできなかった!w

でも楽しかったし、ま、いっかー( ´艸`)feel11


・・・と思ってたら先日、

このカンポス事務所の人が来て、
自己紹介したところ、

「君がmiaだね・・・!覚えてるよ。
確かトレーニング受けたでしょう。
スコアが良かったから覚えてる。」

う、う、嬉しいーicon14icon14

このスコアがオーストラリアトップ1と2の
バリスタが働いていた店舗だから、
私も腕上げなきゃお客さんにも悪いしね。w

まだ結果は返って来てませんが、
首をながーく楽しみにしてよっと。w


被害がまだまだ収まらない、
ネパールの大震災。
募金リンクを貼らせてもらいますね。

ネパール大地震への募金にご協力お願いします
  


Posted by mia55 at 17:10Comments(0)シドニーで働く。

2015年04月03日

職場で過ごすイースター♪

今日、グッドフライデーから、
来週明けのハッピーマンデーまで、
ロングウィークエンドをお楽しみの皆さま、

こんにちわー!

そう、オーストラリアでは
バニー(ウサギ)、イースターエッグチョコレートなど、

イースター一色
ですね。

非常に羨ましい限り・・・。w

只今、絶賛10連勤中の私ですface18

レストランや多くのお店が閉まっているため、
空いている店には人が集中します・・・想像通り。トホ

そんなわけで、

本日は本当に、
朝オープンから
もうずっとずっと、

オン、オン、オン、オン!!!

たった6時間勤務だというのに、
終わった後は、へとへとのヘロヘロ。w

マラソンを走り切った感じですfeel17!w

嬉しかったのは、
たまたま友人が来てくれて、
一瞬ふと力が抜けたことicon22

easter

今日のコーヒーは、
ほとんどがバニーなど、
イースターをイメージした
ラテアートが施されましたicon12

はー、

確かに体力的にはハードだけど、
愉快な同僚たちに支えられて、
笑顔と笑いが耐えない職場ですicon22

もちろん、明日も出勤!

皆さんは素敵なロングウィークエンドをお過ごしくださいね。

Happy Easter!

  


Posted by mia55 at 15:11Comments(0)シドニーで働く。

2015年03月04日

カフェで働きたいワーホリのお客さん来店♪

私が働く店ではいつも、

オーダー時に名前を聞く。

薄々そうかなーとは思っていたけど、
名前を聞いた瞬間、確信に変わり、

「あ、こんにちはーface01
フラットホワイトですね?」

日本語で確認すると、

2人は「え!?」と顔を見合わせ、
「日本語で対応してもらえるの、
初めてですーface02

と、喜んでくれた可愛い2人people10people10

その後オーダーが立て込んで、
次々とコーヒーを入れてる私にw、

「え、どうしてここで働く
経緯になったんですか?」


と来るから、

「いや、元からバリスタやからね。
ここへ来るまでもこの界隈を転々としてたよ。」

と私。

以下ワーホリちゃん:ワ
私:mia


ワ:「やっぱりそうですよねー・・・icon15。」

mia;「何なに、今仕事探してるの?」

ワ:「ずばり、そうなんです!できればカフェで。
   学校とか行ってないけど無理ですかね・・・。」

mia:「そもそも資格とかは必要ないし。

    ただ、経験がないなら学校行くのが近道かな。
    それでも経験ないとバリスタは無理かもしれんけど、
    オールランダーとしてカフェに潜り込めばいいよ!w

    そのうちマシンいじらせてもらえるからーicon22

    シドニー、カフェなんて星の数ほどあるし、
    カフェのレベルさえ選ばなければすぐ決まるはず!」

なーんて、

いつの間にか仕事探しアドバイスを
ワーホリちゃんにしている間に、

コーヒーできあがりーfood25

「ありがとうございましたー!」
とその可愛い2人は去って行った・・・。



そうでも、

実はバリスタの優秀な人たちって、
何を隠そう、アジア人が多い多い!

有名なあのToby Estate社の
この界隈のカフェのトップバリスタも、
我らが日本人だったりするそうで・・・。

私達やっぱり手先起用だからね!w

それに日本料理という、
繊細な味覚を持ってるから

強いんですよ!ホホ

後はタイ人のバリスタがすごく多い!

とまぁ、最後話は逸れましたが、

未経験からカフェで働きたいワーホリさんがいたら、
どんどんチャレンジして欲しい、敷居は高くないよー。

そもそも“高い”“難しい”と思うことが、そういう現実を創るのだと思う。

「何でもやります!」という態度でまず、
そのカフェに潜り込むところからですicon22w

応援していますよーicon09

さ、今日は久々のオフーicon12
久々の友達とのキャッチアップが待ってるicon14

週中ですね皆さま、良い一日をicon06
  


Posted by mia55 at 08:56Comments(0)シドニーで働く。

2015年02月20日

世界旅行の産物はこんなところでも・・・。

オーストラリアに来て、益々痛感すること・・・。

ここは、移民の国だって。

特にシドニーはそれが強くあって、

最初に働いたカフェは、

オーナーこそオージーだったものの、
マネージャーはタイ人、
そして他はヨーロピアン、アジアンに私。

次のカフェは、

会社のトップはオージーと、スロバキアン。
店舗のトップはスロバキアンで、
カフェのマネジャーはスロバキアンとチャイニーズ。
同僚はもう、それこそ色々!www

今の職場、

オーナーはイスラエル人で、
トップバリスタがタイ人、そしてネパール、エジプト、
ベトナム、バリ、スエーデン、カナダ、と私・・・。

え、もう良いですって・・・!?w


もうね、

一体全体、ここがどこの国だか・・・って思う日々。w

それほどの移民の国だから、
私の世界放浪経験が、
こんなにも発揮できることに・・・!w

イスラエル、タイ、ネパール、
エジプト、バリ、カナダ・・・って。


スエーデン以外全部行ってるし!w

しかも結構お気に入りの国がラインアップicon22

ともすれば彼らとの最初の会話は・・・

だいたいこう!

「ハロー、始めまして!
あれ、その訛り聞き覚えがあるわ!
バックグラウンドはどこ?」

「え、そこ行ったことあるねんー!
お気に入りの国のひとつやでicon06。」

もちろんツアーなどでの数日の滞在なら別かもしれないが、
私の旅は、比較的じっくりと地元の人と接するスロー旅。

それぞれの国々で、一味変わった、
濃厚な旅の日々を繰り広げてきた。

そう私が言った時点で私はもちろんだけれど、
彼らも私に対してグッと親近感を持ってくれたり。

さらに彼らの国の言語で挨拶や、
少しの言葉でコミュニケーションを
取ったりすると、ほらもう私達・・・、

オトモダチpeople18people19people17icon22

世界はどんどん小さくなる・・・。
それは私が日々痛感していること。

私の中では、

あのイスラエルはテルアビブの友達に招かれた豪邸でのパーティーも、

ネパールで毎日顔を合わせて友達になった地元の友達宅にお呼ばれし、
ダルバート(ネパールの定食)とバター茶をご馳走になったことも、

エジプトの茹だるように暑い中見た、あまりに美しい珊瑚の海の世界も、

同じように宝物の時間として私の中に存在しているicon12

そしてその国の人々とまたこうして、
オーストラリアのシドニーで再会し、
何なら一緒に働いちゃってるし・・・!

これこそが、

世界放浪の遺産だと、私は最近気が付いた。
そしてそれはとっても幸せなことだなぁ、ってね。

jorsalem
ジョルサレムの丘から町全体を見下ろす・・・爽快感!

baranasi
インドのバラナシにて日がな一日ガートをうろちょろ子供たちと交流w

・・・そんな風にちらりと思う、
金曜日の午後なのでした。

It's TGI Friday everyone-!! X  


Posted by mia55 at 15:20Comments(0)シドニーで働く。