プロフィール
mia55
mia55
旅行誌や情報誌の広告制作・ライター、元バリスタで旅人。 好きなことを追求し続けたらこうなりました。 今現在も新たな分野を開拓中! 4年以上の女ひとり世界放浪の末辿り着いた、愛しのシドニーよりお届けします。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
シドニー旅行ならAAOトラベルへ!
シドニー旅行はAAOトラベル!

にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ 人気ブログランキングへ

2017年09月09日

いつだって心動くのは人の情熱に触れるとき。

先日、

某ウェブサイトの記事執筆依頼を受け、

いくつか候補を出した中で、
「元バリスタが選ぶシドニーのカフェ3店」
をテーマにしよう、となりました。

※はい、私約4年ほどバリスタをしておりましたfood25

3店にした理由は、

すぐ思い浮かんだのが、

“元同僚が次々と自身のカフェをオープン!”

“店主のこだわりをカタチにしたカフェオープン!”

と、

“海に浮かぶノースのカフェ。”

だったからface05。そこで、

ブログで主観を交えて書くのとはまた違い、

取材や許可も取りたかったので、
一応連絡を取ってみたんです。

すると、

半日もしないうちにカフェオーナー、
2人からの丁寧で長いメール返信が。

その行間からはもう情熱が溢れんばかり!
愛情や心が篭っている文章には、
上手下手関係なく読ませる力があるicon14

だって心を動かすのはいつも、人の情熱に触れてしまったときだからだ。

特にいつもふざけて私をからかうことを楽しんでいた彼。

まぁ、こういうの苦手だろうから適当に
掲載許可だけしてくれたらいいか!
くらいに正直思っていた・・・ら、ら、らface19

その返信は思いの他長く、私の求めていた答え、
を汲んだ上でさらに熱く、饒舌なものだったのです。

メールのそこかしこに彼のパッションが迸り、
溢れんばかりのそれにしばし心掴まれ、
改めてこのカフェオープンを誇らしく、嬉しく思ったicon06

彼らが心から好きでオープンしたカフェ、

それを日本の方に伝えるお手伝いができること、
元同僚同士がそれぞれの得意を生かして
また別のカタチでこうして仕事ができること・・・、

その奇跡のような巡り合わせに、ワクワクしていた某平日の深夜icon12


ラテアートはマスト

ささ、週末ははじまったばかり!

今からご近所にフラットホワイトでも買いに行こうかなーicon22

Happy weekend for everyone! From sunny Sydneyicon01  


2017年08月23日

店主のこだわりをカタチにしたカフェオープン!

“元同僚が次々と自身のカフェをオープン!”

本当に、

あの古巣のカフェから、
これほどに独立を果たすとは!

はい、別のメンバーも、しかもチームを組んでオープン!

その名も、

“AGAINST THE GRIND”


インドネシア人とイタリア人の2人。

どちらも持ち前の陽気なキャラクターと、
確実な腕前で愛されるバリスタたち。

一緒に働くと、

お客さんも巻き込んでいつも和気藹々、

小さな店舗はいつも笑い声に溢れ、
どれだけ忙しくてもお互いを労ることを
忘れない彼らに何度も助けられたicon14

そんな2人がタッグを組んで、
ノースの入り口、ニュートラルベイに
7月末、満を持してオープン!

迎えてくれた、

彼らの理想が全てカタチになったその空間は、
オープン後まだ1週間だというのに、
もう常連らしきお客さん達で賑わってました。

コーヒーはCampos/カンポス

私たちが当時から淹れていた馴染みのロースターから。

頼んだのはマグサイズのフラットホワイトと、
もちろん楽しみにしていたブランチicon28food25

・・・が!

この日お目当てのメニューはなくface10

代わりに彼らのおすすめで、
自分で好きなものを選んで組み合わせる
スタイルのブレックファストをオーダー。

ささ、

まずは、


「WE MISS You MIA!!」

こんな愛あるアートのコーヒーがサーブされた後は、


おすすめの選べるブレッキーicon28

パンの種類と具材を選びます。

私はパンはイタリアンスタッフDにお任せ、
確か・・・Linseedの入ったやつ、でした。w

そして私は、

プロシュート、トマト、
アボカドに卵を添えて。


バケットにはオリーブオイルが垂らされて、
そこはかとなく、イタリアーンなお味。ヴォーノfeel03

そして、

何に感激したって、

どの野菜も素材も瑞々しい!
さすが自家菜園から採れた野菜たち。

「mia、僕たちほんとうに細部にまで手を掛けてるんだよ。
こだわりが全て詰った、大満足の仕事なんだ。」

口にするものばかりじゃない、

ロゴのデザインからカップやカードなど、
専属デザイナーが手掛けるグッズまで。

オーナー2人の理想やこだわりが随所に光る、カフェ空間。
(ちなみに確か、もう1人の共同経営者がいるそうでした)

少し話したらまた、

別の友人が訪れたりして、
オープンしたてで忙しそうicon10

あの戦場のようなカフェで出会った仲間が、
こうして今も繋がってビジネスパートナーになっている。
2年前にはとても想像ができなかったけれど・・・。

それだけでもきっと、

あの場所で頑張った甲斐があったということだろうね!


オーナーのDとM (気になる方は直接訪れてね)

ノースにお住まいの方、

親日家なスタッフがお待ちしていますよ!

特に、インドネシアンスタッフMに絡んであげてください。w
私が教えた変な日本語まだきっと覚えているはずでーすface29icon12  


2017年08月02日

元同僚が次々と自身のカフェをオープン!

“元同僚が色々すごい!”
の記事の続きです。

当時私が働いていたそのカフェは、

軽やかだけど強めの苦味とかすかな酸味が特徴の、
Campos / カンポスの豆を扱う、
その界隈ではほとんど唯一の店でした。

小さな小さなそのカフェは、
いつも人気で行列を作る人が絶えず、
へとへとになりながら働いていた私。w

だけど、

私が何より合わなかったのは、そのボスface30

彼がねー、

あまりにもあんぽんたんで、
人を機械のように扱い、
無茶難題を吹っかけて、

連勤が10日以上続き、
次のロスター(シフト)にも私の休みが
見当たらなかったとき、

そんな中ひとり優雅に旅行に行っていたとき、

そして、

あれほど外から見れば優れて、
地元の人に愛されるカフェでさえ、
中を見ればこんなもんかと、思った。


正直、失望して私は退職しました。

そんなボスの店にも関わらず
そのカフェが素晴らしかったのは、

チームが素晴らしかったからicon12

特筆すべきは、

ヘッドバリスタ、タイ人のS。

彼女の手さばき、笑顔、記憶力、
全ての能力がずば抜けていました。

どれほど混んでも笑顔を絶やさないゆとり、
目は確実に次々とやって来るゲストを見やり、瞬時に、
記憶しているその人のドリンクをプロセスに組み込む。

彼女の手先から注がれるコーヒーは、
1mmの狂いもなく美しく、美味しいfeel03


私がどれほど彼女を尊敬し、
彼女に励まされていたか、
きっと彼女は知らないだろうけど・・・face05

因みに、

ロースター「CAMPOS」が行うトレーニングで、
全土の中でトップスコアを取得し続けたこともある、
リアルに、トップクラス級のバリスタなんですface19icon12

そんな彼女Sが、
私が日本に帰っている間、
彼女のパートナーと2人、

自らのカフェをオープン!

“Jozo by Sven_San”


本日のスペシャルはミートボールでしたface05


トレーラースタイルのカフェ

こちらのお店、
コーヒーは言わずもがな、

ホームメイドマフィンや、
サンドイッチ系も充実していますが、

料理もね、

スカンジナビアン系のレストランが
併設されていて料理はそこから出されるので、
かなりしっかり丁寧なお味の料理が出てくる。

この日のスペシャルも、
ミートボールのジューシーさ、
絡めるソースの絶妙な味付け、
フレッシュな野菜のガニッシュ、

どれをとっても◎!w

17ドルくらいだったかな、
コスパの高い一品でした。

半分くらい野外になっているので、
(外にはストーブ完備ですよ!)
ぜひ晴れた日のブランチにどうぞ。

オックスフォードストリートにあり、
週末にはパディントンマーケットの前後に
ふらっと寄るのもおすすめですfeel12

私があのカフェで見切りを付けて退職した後、当時の
チームメンバーがこんなにパワーアップしていたなんてface05

でもでも、

この古巣のチームのパワーは、
それだけじゃなかったんですねー!w

では、また続くicon23
  


2017年07月21日

海に浮かぶノースのカフェ。

ひとつ前の記事(→★)の続きです。


その、私の愛したマリーナのカフェは、
一旦立ち退きを余儀なくされました・・・。

・・・が!

やはりボスのカフェへの情熱や愛の灯が、
小さくても消えることはなかったんですね。


あの日から数年たった今、

今日ご紹介するノースの一軒を中心に動かしながら、
会員メンバーのみが入れるヨットクラブなどでも
最近オープンし始めたみたいですicon19

その素敵なノースのカフェは、

こちら。

“The Flying Bear Cafe“

GOOD FOOD GUIDEに紹介されていましたfeel12
http://www.goodfood.com.au/eat-out/news/just-open-the-flying-bear-kirribilli-20151119-gkmt2s

「Milsons Point」が最寄り駅。

前方に海が見える美しい坂道を
下りきったところにある、カフェ。





まるで海の上に浮いているみたい・・・。

潮風に吹かれながら、
コーヒーやブランチが楽しめます。

フレンドリーかつプロフェッショナルな
スタッフの対応は接していて清々しい!


豆はVittoriaなので飲みやすいマイルドさです。
腕は一流バリスタが入れるので、間違いなし!

ここで過ごす時間は味の云々以上に、
その景色含めwholeパッケージで最高icon12!w

本当は・・・秘密にしたいくらい、
穴場かつお気に入りの一軒ですfeel15food25feel03。  


2015年06月27日

バリスタによるバリスタのためのカフェ♪

つまり、

一年違いのシドニーベストバリスタが組んでオープンした、
バリスタが通いたくなるようなこちらの、一軒food01

Artificer Specialty
Coffee Bar & Roastery

ベストバリスタとは、
大手新聞社Sydney Morning helard誌が
選んだその年最高のパフォーマンスをした
バリスタに与える、称号。

2012年、

日本人バリスタの
佐々昌二さん
そのトップにーicon12icon14

彼とその翌年に同じくベストバリスタに
選ばれた、ダン・イーさんの2人が、
タッグを組んで満を持してサリーヒルズに、

オープン!

ずっと気になっていたので、
先日カフェ好きの友人と共に
行ってまいりましたーfeel12

入り口を外から見ると
何人もの人がコーヒーを持って、
集っていたのですぐわかりましたfeel09



店内はスッキリした印象で、
無駄なものが何ひとつない!

カウンターとその周りに数席、
店内外の壁に沿って木製の
ベンチがある程度なのだけど、

たくさん入る太陽光がまた気持ち良い、
居心地の良い空間なのですよicon25

コーヒーにとにかく特化していて、
フードメニューはなし

エスプレッソ、コールドブリュー、
フィルターの3種のみというシンプルさ。
生豆を仕入れて焙煎まで手掛けるので、

バリスタから真のコーヒーマニアが集うという。w

もちろん、ラテアートは必須要素!?


このアートはまぁ・・・期待よりは普通でしたが。w

お味の方はでももちろん、美味しかったicon12

熱過ぎずヌル過ぎない適温のミルクとか、
しっかり濃く深みのあるお豆の味とか、feel11

注目の2トップバリスタは、
言葉少ないものの、
一杯いっぱいに取り組む
姿勢は誠実そうで、

プロの職人さんだなぁと、関心してしまいますicon12

何よりまだ新しいカフェなのに、
もうすっかり人が店内外に溢れて
地元の人に愛される存在なのが
よーくわかりましたよ!

シドニーのこういう地元に根付いた
カフェカルチャーが大好きですicon06

いやー、足を運ぶ価値はありました!  


2015年03月28日

自分との時間@DEVON

とある週中、

ポンとできた休日にカフェ行脚決行!
今回はSurry Hills/サリーヒルズにある、

Cafe DEVON

アジアンな一流シェフが手掛ける料理を
リーズナブルに楽しめるのが売り、とあり、

メニューには、

tobiko/トビコ、
nori/海苔
red caviar/イクラ
miso/味噌

などなど、

和な食材が多く使われている模様。

お値段が確かに通常の
カフェミールより高め設定なのは、
シェフが一流だからでしょうかね。

私が頼んだのはこちら、


ジャーーーーン!

DEVON
Egg Blini(20ドル)

サーモンエッグスベニーと同じ感じで、
ただ随所にこだわりを見せている一品。

まず、

ベースがバゲットなどのパンではなく、
そば粉のパンケーキであること。

そこへ、

何とサーモン&イクラの黄金コンビネーションicon12

プラス、

緑の野菜に、

ソースも普通のホランディアではなく、
密柑汁とホランディアを組み合わせた、
酸味が爽やかで上品なお味に・・・feel03


ここへポーチドエッグを割って混ぜまぜして頂く・・・、

あぁ、お口の中がヘブン( ´艸`)icon12

あえて言うならば、

このそば粉パンケーキ・・・、
ちょっとぱらぱらして食べ難かった、

っすね。w

それ以外の組み合わせ的には、
もうゴーーーールデンicon12

この一品を、

長居覚悟の、マグコーヒーと共に。w

DEVONc
ラージサイズのフラットホワイト

最近ね、

仕事がすこーし落ち着いてきて、
もうさすがに切られることはないだろうと、
少し安心できたこと、

そして、

色んな人と話すほどに見えて来る今の自分と、
自分の目指す像の刷り合わせ・・・

などなど、

自分の人生にまた色々と
想うこと考えることがあってね、

一度これらを書き出したりして、
自問自答したりして・・・、

自分自身へのブレインストーミング
item25

をしていたわけですよ。

やっぱ書くことは、癒しnature06

落ち着くべき場所に諸々が落ち着き、
気持ちの頭の整理ができたところで、

ブランチ、終了ーfeel11

あぁー、有意義な時間だったわん。

忙しくて流されそうになるけれど、
たまにはこうして自分との時間を持つ、

これはとっても大切なことね。

皆さんも、自分との対話、してますかー?  


2015年03月12日

フォトジェニックな穴場カフェ♪

こんにちはー!

さて今日は、

最近少しご無沙汰だけど、
私が足繁く通っていた、カフェ。

Chez Dee

ここは、

メイン通りから一本も二本も入った、
ローカルの知る人ぞ知る、エリアにある。

ビクトリア調の家を2軒繋げてある、
お洒落でこじんまりしたテラスが目印。

ここの良さは何よりどこを切り取っても絵になる、
フォトジェニックさと、居心地の良さでしょうfeel12

モロッカンやエスニックのテイストを取り入れ、
家具や小物系も全てがイチイチ味があって素敵icon12

違う種類のものが並んでいたりするのだけど、

テーストというか雰囲気が統一されているので、
その違いさえデザインされたようにしっくりくる…。

さらにスタッフも感じが良く、
特にオーナーと思われるアジア系の女性が、
物腰が柔らかくいつも笑顔で迎えてくれる。

彼女、見ていても常連さんから親しまれているのがよーく、わかるface01

他にも働いているスタッフがいつも同じ
面々なので数回通えば親しみもアップicon14

ここは、

ひとりでボーっとしたり書き物をしたりする他、
ご近所の友達と待ち合わせてブランチなどもicon28

この日はこちら、

chez
chez2

サーモン・エッグスベネディクトicon12

大好物ですーicon06

だいたい私初めてのカフェでは、
フラットホワイトとエッグスベニー(通称)を。
ベーシックなのでこれらが美味しいとfeel11
と、自分的には信じてますが・・・どうでしょう。w

さてこちらのエッグスベニーですが、
特徴としては見た目が上品

このサーモンの巻き方なんて・・・face05

因みにこのエッグスベニーに必ず掛かっているのが、
この卵とバターのホランデーソースなのですが、
このソースにそれぞれのカフェのこだわりが出ます。

そしてそれが美味しいかどうかが
この一品の良し悪しを決める・・・、
といっても過言ではないでしょうface16

で、

Chez Deeさんのソース・・・、

見た目を裏切らない上品な味
でありながら、しっかりした濃度のソース。
しかもかすかな酸味が効いてる。

後からtimeoutを読んだところによると、
「シドニーでベストホランデーといっても過言ではない?」
的なことが書かれておりましたface19

見た目に美しい食事を、
美しいインテリアの中で頂く。

そんな贅沢なひと時が味わえる穴場カフェ、でした。

food25Chez Dee
Add:62 Kellett Street, Potts Point 2011
Ph:02 8354 1544  


2015年02月23日

3カップを受賞した小さなカフェ。

シドニーのカフェ文化を
お伝えするのに外せないのが、

シドニーモーニングヘラルド紙
から毎年出ているこの一冊。

Good Cafe Guide

その年に特に活躍したバリスタや、話題になったカフェなどが紹介され、
それぞれのカテゴリーの一番は賞を貰えることで有名feel12

さらにミシュランでいうハットのように、
こちらではカップがもらえるという、仕組みfood25

でもそのカップもそうもらえるものではなく、
どれほど有名なカフェでもゼロハット、
せいぜい1ハットのところも、少なくは無い。

だから、

その年の賞やハットを獲得するということは、
カフェとしては大変に名誉なことなのですよ。

さぁ、前置きが長くなりましたが…!

先日行って来たのがここ。

2012年、

Best Small Cafeを受賞し、

2014年、

3ハットを受賞した、

この界隈ではちょっと名を馳せた一軒。

“Room 10”

room10

ベストスモールカフェ賞ということは、
つまり小さい空間を利用したカフェの中で
一番素晴らしいカフェ、ということ!

そうここね、本当にこじんまり小さいんですよ。

以前近くに住んでいたこともあり、
前を通ることも多かったものの、
あまりにいつも人が店内外と溢れており、
落ち着くスペースではない、と判断。

この日も座れるスペースはなく、
結局、テイクアウェイコーヒーを購入。

いつも初めての店で頼むのは、
大体フラットホワイト

※エスプレッソをミルクで割ったフロスの部分の
ほとんどないオーストラリアのコーヒー。


ここはね、

Meccaのお豆を使っているのですよ。
Mecca好きな人は、好きかもね。w

もうこの辺は個人の趣味なのですが、
私的にはここのお豆は濃いです、とても。

そして苦味と共に酸味を感じます。

でも気付いたのですが、
オージーはこれくらいパンチの
ある味がお好きみたいface11feel11

酸味が強めの風味のコーヒーは、
エスプレッソで飲むと美味しかったり。

でも私の好きなソイ/豆乳との組み合わせはいまいちです。

なーんて、

好き勝手ウンチクっぽいもの垂れてますが、ま、
要は私の一意見ですので、ご参考聞き流す程度にicon23w

それでも何でも、

これほどの賞とカップを取り、
人々を魅了して病まないRoom10!

しかも、日本人バリスタもいらっしゃるとのこと。
この日はお会いできなくて、残念・・・face12

一度足を運ばれる価値はあると思いまーすicon14!