にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ 人気ブログランキングへ

2015年04月28日

想い出の国、ネパールで起きたこと。

ネパール、

トルコと南米と並んで、
世界放浪を4年も5年もした私の、
お気に入りの国/エリア。

この国では本当に人に良くして貰ったもの。

他の国では色んな旅行者同士で
よくつるむものだけれど、
私がネパールに居る間中知り合ったのは、

毎日通うカフェ、レストラン、旅行会社、
などなどで出会った、ネパール人ばかり。

そのうち仲良くなった友人のお宅に、
ランチに招待されたこともあったっけ。

その友人の家族は山から
降りてきた山岳民族のようで、

友達のお母さんがバター茶で迎えてくれて、
妹さんがダルバードというネパールの定食を
用意して私に食べさせてくれた・・・。

よって、

私にとっては物凄く愛着のある国であり、
つまり先日この国に起きた災害は、
私にとっては特に胸が詰まる出来事だ・・・。

なぜか最近ぼんやりと、
ネパールについて思い巡らせ、
周りにも良く話題にしていた、

そんな矢先のこと。

マグニチュード7.9、
死者周辺国合わせて4400人(現時点で)。


そんな巨大地震がネパールを襲う。

震源地はカトマンドゥからたった80K地点。

カトマンドゥと言えばそれこそ、
私がその地元のネパール人たちと様々な
想い出を積み重ねたまさにその地。

旅人が拠点とするタメル地区や
買い物で何度も足を運んだアサンチョークも、
世界遺産のダルバール広場なども被害に遭っている。

タメル地区もアサンチョークも
狭い狭い路地が入り組んで、
古くい家がぎゅうぎゅうに並んでいる・・・。

地震に耐久がないのは建物だけじゃなく、人だって。
彼らの心情を思うときっとうんと恐ろしかったに違いない・・・とか、

この惨事できっと、あの路地には瓦礫が散乱して、
救助隊も簡単には入れないんじゃないかな、とか。

すっかり変わり果てたであろう
当時の町を思い巡らしては、
私は胸を痛めている・・・。


旅人の集うタメル地区

世界遺産ダルバール広場のすぐ側

人でごった返すアサンチョーク

※写真は全て私が旅した2007年時のもの。

先日は買い物に行った先で、
さっそく募金箱があったので、
持っていたコインを入れさせてもらった。

は・・・。

私の考えのひとつに、

物事は起こるべくして起きる、
しかも完璧のタイミングで・・・。


というのがある。

だから、

これを悲劇だ可愛そうだ、
という風にだけ捉えるとか、
そういうことはしないけれど。

やっぱり特別な想いがあるとね・・・。

これ以上被害が大きくならないように、
一日も早く少しずつでも人々に笑顔が戻るように、

そして犠牲になった方のご冥福を
心よりお祈りいたします・・・。

さて、

色々と募金活動も盛んになってると思うけど、
この豪人サイトでも被災支援募金バナーができたので、
こちらに貼らせてもらいますね!!

ネパール大地震への募金にご協力お願いします



日本ブログ村のランキングに参加しています!
応援はこちらをポチっとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村
同じカテゴリー(思うこと、想うこと。)の記事画像
いつだって心動くのは人の情熱に触れるとき。
いつまでもID提示を求められる日本人。
突然の再会がもたらしたこと。
日本でのワーホリを終えて・・・!
シドニーリアルタイム、復活!
同じカテゴリー(思うこと、想うこと。)の記事
 いつだって心動くのは人の情熱に触れるとき。 (2017-09-09 11:26)
 ビザに翻弄される人々。 (2017-08-19 10:53)
 いつまでもID提示を求められる日本人。 (2017-08-17 20:11)
 突然の再会がもたらしたこと。 (2017-07-16 10:59)
 日本でのワーホリを終えて・・・! (2017-07-09 20:57)
 オージーは優しい?冷たい? (2015-02-18 15:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
想い出の国、ネパールで起きたこと。
    コメント(0)