プロフィール
mia55
mia55
旅行誌や情報誌の広告制作・ライター、元バリスタで旅人。 好きなことを追求し続けたらこうなりました。 今現在も新たな分野を開拓中! 4年以上の女ひとり世界放浪の末辿り着いた、愛しのシドニーよりお届けします。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
シドニー旅行ならAAOトラベルへ!
シドニー旅行はAAOトラベル!

にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ 人気ブログランキングへ

2017年07月16日

突然の再会がもたらしたこと。

シドニーは最近、快晴icon01
心地良い気候が続いています。

ただ、

寒さに耐久のないオーストラリアの建物。
恐ろしく建て付けが悪く底冷えするシドニーの冬は、
ともすると日本の寒さよりも、堪えますface08

それはさておき、

本日は土曜日!

・・・、

と、ここまで書いて。

何気なく開いてしまったFB(フェイスブック)。

そこに、

カルフォルニアに住んでいるはずの、
友人が何とシドニーのQBVの写真をup!

face19???

となって、思わず「Wow」のスタンプを。

すると、

数分後に彼からパーソナルメッセージが入り、
「え、え!? まさか今シドニーにいる?なら会おうよ!」

私もしばらく日本にいたし、
FBも前ほど活用していないし、
私の中で彼という人は、

遠方に住む以前の旅仲間、

という位置付けだったから、
おそらく彼にとってもそうだったから、
お互いの最近をフォローし合ってなかった。w

でもやはり、

タイミングが全て、

会うべく人には会うしかないように、
全ての流れはそこへ向けて繋がる。


私の「Wow」スタンプから、数時間後には、
私たちはあるタイ料理屋さんで食事をしていたicon28

実際この週末は、
私も予定が詰まっていたし、
彼だって短い出張中という、

いくらでも言い訳のできる状況だったにも関わらず・・・!

NYで出会い、京都、ケアンズで再会。
そして今回のシドニーで3度目の再会。

約15年を跨ぐ、友人。

その間に彼はグリーンカードが当たって、
アメリカで働き結婚し、2児の父になり、
今や立ち上げて間もないがCEOになってた。

私は天職と繋がるような仕事に出会い、
世界一周をし、5年の事実婚関係の後、
ひとりで愛するシドニーへと移り住んだ。

15年の歳月の重み・・・たるや!

でも今回の再会は、

これらを確かめ合い、遠い目をして
過去をほじくり回しただけじゃない。

とても大切な気付きをもらうことになるのです。

この友人、

IT関係の仕事として、
アメリカではなんとFB(フェイスブック)
の会社で働いていました。

ほらあの、

Timeline(タイムライン)に流れてくる、
外国語のトピックに「See translation」
て、あるじゃないですか。

あれ、

「あれを付けたのも、
僕の仕事のひとつだよ。」


だってfeel20

何だか彼がそんなに、
世界のテクノロジーの最先端
活躍していたこともすごいし、

なのに、

その翻訳機能に納得がいかず、
その意図まで組み込んだ心の籠った翻訳を、
どんな媒体のものをも訳せるサービスを。

そういう想いで、

新しい会社を立ち上げたなんて、
私はただただもう崇拝するしかなく。w

正直私ね、

ハイテクノロジーが何ぼのもんや(お世話になってるのに!)、

あまりに全てが筒抜けで垂れ流しみたいな暮らしは、
いかがなもんや、ってアンチテクノロジーなところが、あったface03

でも彼と話しているうち、

私が今どれほどそういう考えによって、
自分を閉ざし、可能性を狭めているか。


そして、

今私たちが生きている世界は、
瞬間瞬間ものすごいスピードで
前へ流れ進んでいるのだ、ということ。


それらが、スットーーーーンと、身に落ちたのでしたicon05

「オープンマインド」を自称する私の、
見えないくせにそそり立つ高さの壁に
私自身が驚愕としたし同時に、

テクノロジーだけではなく、
自分が苦手だと感じていた、
他の分野のことでさえも、

そうは言ってられない現実を、

彼が決して私に教えてやろうという態度でなく、
とても自然な口調で、あの旅時代を共にした、
同世代の友人として話してくれたことで、

スッと染み入るように自分の中に入ってきたのでした。

別に彼が言っていたことを、
私が全て実行しないといけない、
とかそういう極論ではもちろん、ない。

でもあまりに自分が閉ざしていた部分や、
いらないものの切り捨て方をもう一度見直してみよう、

そして何より、

苦手と思っていたことも、
自分の頑固なフィルター通さずに、

まっさらな気持ちで向かってみよう。

そして、

そんな時代の変化の波を自分という盾で
堰き止めるのではなく、軽く流されてみよう。

と、心から思えたのでした。

そして、私たちがいかにすごい時代を生きているか…ということも!

こんな風に感じていただなんて、
彼はきっと知る由もないかもしれない。

ただ美味しいタイ料理をつつき、
カリフォルニアではめったにないという、
美味しいコーヒーを飲みながら、

ゲラゲラ笑い合っていた、
それだけのワンシーンが、

これほど私に意味をもたらしただなんて・・・ねface16!w

そんな突破口をくれた、彼に感謝。

「いつか日本語バージョンの翻訳をする際には、
miaもしっかり、リストに入ってるよ、宜しくね。」

なんて嬉しい言葉を残し、
多忙な彼は、家族に会いに、
次の目的地へと去っていきました。

そんな素敵な土曜のランチ、なのでした。

タイ料理はいつもの選択肢
これはまた別の日の、タイ料理。




日本ブログ村のランキングに参加しています!
応援はこちらをポチっとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村
同じカテゴリー(思うこと、想うこと。)の記事画像
いつだって心動くのは人の情熱に触れるとき。
いつまでもID提示を求められる日本人。
日本でのワーホリを終えて・・・!
想い出の国、ネパールで起きたこと。
シドニーリアルタイム、復活!
同じカテゴリー(思うこと、想うこと。)の記事
 いつだって心動くのは人の情熱に触れるとき。 (2017-09-09 11:26)
 ビザに翻弄される人々。 (2017-08-19 10:53)
 いつまでもID提示を求められる日本人。 (2017-08-17 20:11)
 日本でのワーホリを終えて・・・! (2017-07-09 20:57)
 想い出の国、ネパールで起きたこと。 (2015-04-28 16:40)
 オージーは優しい?冷たい? (2015-02-18 15:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
突然の再会がもたらしたこと。
    コメント(0)