プロフィール
mia55
mia55
旅行誌や情報誌の広告制作・ライター、元バリスタで旅人。 好きなことを追求し続けたらこうなりました。 今現在も新たな分野を開拓中! 4年以上の女ひとり世界放浪の末辿り着いた、愛しのシドニーよりお届けします。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
シドニー旅行ならAAOトラベルへ!
シドニー旅行はAAOトラベル!

にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ 人気ブログランキングへ

2017年08月19日

ビザに翻弄される人々。

別の場所で書いた記事で、
少し反応があったので、
こちらでも共有させてくださいfeel12

nature06nature06nature06

先日、

最近知り合った人が、

ビザの延長が拒否されて、
敢え無く28日の猶予を残し、
日本への帰国が決まりました。

その人は学生ビザでなんと、

5年以上もオーストラリアにいたそうで、
その先にどういう希望を抱いていたかは
その人にしかわからないけれど、

結局、

そういう人々の何割かがそうであるように、
現地人と結婚したり、ビザのスポンサーがついたり、
そのどれにも引っ掛かることなく、道が閉ざされた。

酷な言い方に聞こえるかもだけれど、
その人は、この国と縁がなかったんだと思う。

そしてどこかで、

自分では切れなかったこのループから開放されて、
その人は恐らく安堵感を感じているんじゃないかと、

私はそんな風に感じました・・・。

オーストラリアは確かに、

常に世界で住み易い国のトップクラス。
移住を目指す人が後を立たない・・・。

かくゆう私も、そのひとりでした。

だからその気持ちは、
わからないでもない。

でも、

私はありがたいことに、
本当ツイてたんだと思うicon12

お金も時間もそんなに掛からず、
本当にスムーズに行きましたから。

ただ元恋人との関係をこじらせているうちに、
それを何展もしているうちに、取れたface30

今思うとそのことの方がよっぽど心に堪えた・・・icon15。w

エニウェイ、

私の周りにも実際にいましたよ、
ある友人はまさにそんな感じで、
ワーホリから学生に延長して2-3年。

彼女はジャパレスと学校(テスト)の
両立が本当に毎日大変そうでした・・・。

彼女はめでたくオージーに、
見初められて結婚、今はすっかり
幸せな生活をしているようですicon22

でも、

やはり私にはできないだろうな。w

まず・・・、

私はもう・・・、

学校に通いたくないものface03!w

でも彼女だけでなく、

本当にたくさんの人が、
長く留まるという目的のために、
高い学費を払っています。


そしてさして興味もないのに、
ビザのためにビジネスやアカウント、
などの勉強をしているよう。

でも最近また、

スポンサービザの法律が改定されました、そして
永住権に有利な職種もまた変更されたようです。

こういうビザに関する条件や諸々、
オーストラリアは本当にすぐ変わります。

移民局、容赦ありませんicon05

今まで、

スポンサービザを取れた人、
永住権まで取れた人、
パートナービザを取れた人、
帰国を余儀なくされた人・・・、

世界トップクラスで暮らしやすい国に住む
という目的のためにビザに翻弄される人々。

私がたまたま取れたから
言うわけじゃないですが、

“ビザを取る”ことを目的にすると、
取れた後、道を見失いがちですicon10

ワーホリの数年くらいなら問題ないし、
例えば結婚して相手がこっちの人なら、
求められ、ここにいる理由があります。

でも、

そうじゃない場合、

もしくはそうだったけれど、
私みたいに事実婚の相手と
別れてしまった場合・・・。

はて、何のために私はここにいるんだっけ、となり。w

さらに永住権は、

持っていたら持っていたで、
次は手放せずに翻弄されることも、
実はあったりするんですよ…。

そういう意味では、私もビザという存在のために
翻弄されたひとり、と認めざるを得ないけれど。w

取れる取れないに関わらず
もっと大切なのは、
今ここでできる最大限を、

味わい尽くし、楽しみ切る、ことicon14

じゃないかなーと、私は最近思う。

だって、

もったいないですもんね、
自分次第だけではないことに、
執着し、振り回される時間も。

できることを楽しみながら夢中でするうち、

気が付けば、取れたicon12

それくらいの軽やかさが、
何ともかっこいいではないですかface16

でも、

考えましたよ、当時、私なりに。

とても学校へ行くお金も気持ちも持ち合わせていなかった私。

元恋人と別れて何をするか、どこに行くか。
候補は、メキシコかバンコク…でしたface29。w

メキシコで旅行会社で
働きつつスペ語をものにする、

もしくは、

バンコクで日系フリーペーパーの
編集のお仕事でキャリアを積む。

うん、我ながらどちらも楽しそうだなicon14

でもま、

私はもう少しこの、

縁があり快く迎え入れてくれたオーストラリアという国で、
これからは何かのカタチで、恩返しをしていきたいなー。

そして、いつか縁が終わるときは、
潔く手放そうと思えるくらいには、
これからの日々も仕事も味わい尽くそう、と。

そんな風に思っていまーすfeel12


日本ブログ村のランキングに参加しています!
応援はこちらをポチっとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村
同じカテゴリー(思うこと、想うこと。)の記事画像
いつだって心動くのは人の情熱に触れるとき。
いつまでもID提示を求められる日本人。
突然の再会がもたらしたこと。
日本でのワーホリを終えて・・・!
想い出の国、ネパールで起きたこと。
シドニーリアルタイム、復活!
同じカテゴリー(思うこと、想うこと。)の記事
 いつだって心動くのは人の情熱に触れるとき。 (2017-09-09 11:26)
 いつまでもID提示を求められる日本人。 (2017-08-17 20:11)
 突然の再会がもたらしたこと。 (2017-07-16 10:59)
 日本でのワーホリを終えて・・・! (2017-07-09 20:57)
 想い出の国、ネパールで起きたこと。 (2015-04-28 16:40)
 オージーは優しい?冷たい? (2015-02-18 15:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ビザに翻弄される人々。
    コメント(0)